その残業、必要ですか? 非効率なダラダラ残業を減らす工夫8選

2017/01/13

対人マナー

日本は世界的にみても残業の多い国だと言われていますね。残業することが当たり前になってしまうとついついダラダラと残業してしまって結局効率が悪くなってしまうことも。もちろん会社の取り組みによって減らせる残業というものもありますが、働く人の工夫次第で無駄な残業を減らすことだってできます。社会人の先輩方はどのような方法で残業を減らして、効率よく仕事をしているのでしょうか。


■非効率になりがちなダラダラ残業を減らすコツを教えてください。

●適度に休憩してリフレッシュ!

・リフレッシュも大事だから(男性/30歳/情報・IT)
・休憩で心身休めると集中が続く(女性/47歳/食品・飲料)
・集中力が切れたときは諦めて数分休憩し、集中力を復活させた方が仕事に打ち込めるから(男性/23歳/警備・メンテナンス)
・ちょっとした休憩を何度か取ったほうがリフレッシュできて頭がスッキリするから(男性/50歳以上/ソフトウェア)

●優先順位を決める

・やるべきことをやったら、すぐに帰れるから(男性/46歳/学校・教育関連)
・無駄なことを省けるので(女性/31歳/情報・IT)
・やるべきことを、早めに終わらしておけば、そんなに長くは残業しないはずだから(女性/35歳/医療・福祉)
・だらだらの原因はやることをちゃんと整理できていないからだと思うので(男性/43歳/食品・飲料)

●昼寝をする

・少し寝ると集中できそう(女性/41歳/その他)
・軽度な睡眠をとることによってリフレッシュできるため(男性/35歳/その他)
・少し寝るだけで頭が冴えることがある(女性/33歳/不動産)
・しっかり昼寝とった方が、その後の集中力がアップするので(男性/45歳/自動車関連)

次のページこんな方法も効果的!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]