「コンセンサス」の正しい意味とは? 使い方を例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】

2021/02/04

ビジネス用語

コンセンサスは単に意見が一致するというものではなく、会議などでは全会一致の合意を指し、このような反対意見のない状態で決定する会議方式をコンセンサス方式と呼んでいます。
コンセンサスの正しい使い方を、例文を交えてご紹介! 社会人になってから恥ずかしい思いをしないように、しっかりと覚えていきましょう。

ビジネスシーンで使うコンセンサスの意味は?

ビジネスシーンでコンセンサスは主に以下の2つの意味で使われます。 

  • 1.複数人の合意、意見の一致 
  • 2.根回し

1の意味では、相手から了承を得る、あるいは合意を得ることが必要な場面で、コンセンサスという用語は使われます。「この企画、広報のコンセンサスを取ってきて」といわれたら、場合によっては交渉が必要になると思っておきましょう。

このように、コンセンサスを取る、というのは大抵「合意を得る」という意味で使われます。コンセンサスを取る相手は基本的に、複数人であるため会社や部署単位であることを覚えておきましょう。

ちなみに合意を得る相手が1人の場合はコンセンサスではなく、アグリーメント(agreement)を使用するケースもあります。

一方、2の根回しの意味でコンセンサスを取るということもあります。たとえば、会議を円滑に進めるために、「会議に先駆けてAさんのコンセンサスを取っておく」、「コンセンサスを図る」などと使われます。

▼コンセンサス以外にも! ビジネスで使われるカタカナ語の意味をチェック!
https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/12549

コンセンサスの使い方を例文で解説!

では、コンセンサスはビジネスシーンで実際にどのように使われるのでしょうか。「コンセンサスって何?」と戸惑うことなく、その意味に含まれているニュアンスをキャッチできるように例文で練習しておきましょう。

例文1

・上司「この企画、もうA社のコンセンサスは取れてる?」


このような場合は、先方の会社の同意を得ているかと聞かれています。共同で進める企画などでコンセンサスという言葉はよく使われます。

例文2

・「会議でプレゼンを行う前に、上司のコンセンサスを得ておいて」

これは、プレゼンが始まる前にある程度上司に話をつけておき、事前に了承を得ておいてくれという指示です。

例文3

・「今日の会議はコンセンサス方式で行います」

これは、全会一致で案が採択されるという意味です。1人でも反対意見を持つ者がいたら成立しないため、事前にコンセンサスが必要な例です。

いかがでしたか? 新入社員の場合、上司や先輩から「コンセンサスを取っておいて」と何かといわれることのほうが多いコンセンサス。会社員になると、頻繁に「コンセンサス」というビジネス用語を耳にすることと思います。そんなときに戸惑わないように、コンセンサスの正しい意味と使い方を覚えておきましょうね。

▼こちらもチェック!
基本のビジネス用語45選! 新社会人なら知っておきたいしごと語辞典

▼よく使われるビジネス用語の意味をチェック!

「フィードバック」
「リマインド」
「イノベーション」
「デフォルト」
「バッファ」

もっと見る

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る