Web業界では必須! 「インプレッション」の意味や使い方がわかる例文【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/23

電話・メール

よく聞くビジネス用語は英語がもとになっているものが多く「インプレッション」もその1つです。カタカナのビジネス用語が多すぎて混乱している人もいるかもしれませんね。ビジネスの場で使用される「インプレッション」の意味や使い方をわかりやすい例文を交えてご紹介します。

▼こちらもチェック!
マーケティングでよく聞くセグメントってどういう意味? その意味とビジネスシーンでの使い方を例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】

■「インプレッション」の意味とは

「インプレッション」は英語では「impression」と書き「印象」や「感想」などの意味があります。ビジネスシーンでは、自社製品を販売し、アピールする際の戦略の1つである「印象付け」を意味して使われることが多い言葉です。また、インターネット広告の効果をはかる指標の1つとしても「インプレッション」という言葉が使用されます。広告が表示された回数を「インプレッション数」といい、その数値は「1インプレッション」、略して「1imp」と表示される場合もあります。「インプレッション数」が低ければ広告としての効果が薄いと判断することが可能というわけです。テレビや雑誌などに掲載した広告と違い、インターネットに掲載した広告はアクセス数などから判断して、どれだけの人に見てもらえたかを数字としてはっきりと理解することができます。

■「インプレッション」の使い方

「インプレッション」という言葉を使う場面は、マーケティングあるいはプレゼン用の資料を作成する際などが考えられます。印象に残らないものをたくさん並べても、ビジネスの成功にはつながりにくいのではないでしょうか? 製品やサービスの質だけでなく、与える印象は大切ですよね。テレビやインターネットあるいは紙媒体などを通して掲載された広告の効果を計るためには「インプレッション」という概念が欠かせません。商品の販売やサービスを提供するうえで、市場を見極める際に重要となる指標の1つが「インプレッション」なのです。「インプレッション」に関連した言葉として「ファーストインプレッション」があります。直訳すると「第一印象」ですが、ビジネスシーンで使用される「ファーストインプレッション」は、はじめて広告が目に触れた瞬間や、はじめて誰かに印象付ける行為を意味して使われます。

次のページインプレッションの実際の使用例は?

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]