便利な単語「ASAP」の意味や使い方とは? 例文付きで解説【スグ使えるビジネス用語集】

2021/08/22

ビジネス用語


みなさんは「ASAP」(エーエスエーピー/アサップ/エイサップ)という単語を目にしたことはありますか? 

ビジネス英語としても使われる、ASAPですが、使い方を誤ると、失礼に当たることがあるのです。

今回は、ASAPの意味や使い方についてご紹介します。


▼こちらもチェック!
意外と知らない? ワークフローの意味とビジネスシーンでの使い方&例文【スグ使えるビジネス用語集】

「ASAP」のビジネス用語としての意味とは

「ASAP」は「as soon as possible」の略で、「(可及的)速やかに」「できるだけ急いで」「なるはやで」といった意味の略語です。

表記方法は

  • ・ASAP
  • ・asap
  • ・A.S.A.P

が多く、一般的には全て大文字で「ASAP」とされます。明確な使用方法の違いがあるわけではありませんので、自分の使用しやすいものや、社内でよく使われているものを使用するとよいでしょう。

英文メールやチャットでは、文末に「ASAP」で使われますが、日本のビジネス現場では「ASAPで〜〜をお願い」のように文頭に置かれることが一般的ですね。

「ASAP」の正しい発音とは

「ASAP」は、「エーエスエーピー」とアルファベット読みされることが多いですが、「アサップ」「エイサップ」と発音されることもしばしばあります。

  • ・エーエスエーピー
  • ・アサップ
  • ・エイサップ

どの発音が使われるかは、職場や人によるのでどれで言われても対応できるようにしておきたいですね。

「ASAP」の使い方がわかる例文

「ASAP」を日本のビジネスシーンで使う場合は、このような使われ方をすることが多いです。

  • ・会議の資料をASAPでお願い
  • ・急で申し訳ないんだけど、チェックをお願い。ASAPで。
  • ・期限が迫っているのでASAPで返答を頼みます

くだけた言い方になっているのは、そもそも「ASAP」自体がスラングに近い略語であり気心のしれた相手に使うケースが多いためです。

ビジネスシーンで使うことが多いとはいっても、畏まったメールやシーンで使うべきものではありません。

英文メールで「ASAP」を使用する場合の例文

英文メールで「ASAP」を実際に使う場合は次のような例があげられます。

  • ・Please email me ASAP.(できるだけ早くメールをください)
  • ・We will try and put things right asap.(早期に問題改善を行います)

2つ目の例文のように、早めの対応をこちらからお願いするとき以外にも「ASAP」を使用することがあります。

英文での「ASAP」は文末に使用することが多い略語です。

もともとの語源が、軍隊で使用されていた単語であるという説が有力であるため、命令口調や上から目線であるととらえられる可能性があります。


取引先の人や上司に対するメールなどに記載するのはおすすめできません。上司にできるだけ急いでくださいとお願いするのであれば、通常通り「as soon as possible」と記載し、「Please」などの単語と組み合わせた方が無難です。

上司や取引先に失礼にならない「ASAP」の言い換え表現

「ASAP」を上司や取引先に使うことが失礼に当たると考えるのは英語圏の人だけではありません。日本のビジネスシーンでも一緒です。

つい職場の同僚と同じように「ASAPで」と言いたくなったときのために言い換え表現を覚えておきましょう。

  • ・できるだけ早くお願いできますでしょうか
  • ・最優先で処理をお願いいたします
  • ・大至急ご確認ください
  • ・本日中に可能な限り早くの対応をお願いいたします

確実に「ASAP」してもらいたいなら期日指定をする

「ASAP」は「できるだけ早く」という意味ですが、「できるだけ」も「早く」も受け取る相手によって感覚が違います。

自分の思っている時間帯までに依頼内容を終わらせて欲しいなら、そういった曖昧な表現を避け、期日を指定してお願いしたほうが安心です。

たとえば、

  • ・お忙しいとは思いますが、本日16時までにご返信いただけますでしょうか
  • ・急なご依頼となってしまい申し訳ございませんが、こちらの都合で明日午前までの納品をお願いいたします
  • ・メールを確認しましたらすぐにお電話を頂戴できますでしょうか

のようにです。

「ASAP」は使う相手とシーンを選んで使用する

「ASAP」はビジネス英語やふだんの会話の中でもよく耳にする略語ですが、その用法を誤ると、誤解を招く恐れもあります。

同僚との社内メールや口語的な文章と、目上の人に対する表現を分けるように意識しましょう。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る