意外と知らない? ワークフローの意味とビジネスシーンでの使い方&例文【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/18

ビジネス用語

ビジネスシーンでよく使われる用語の中にワークフローという言葉があります。どんな意味を持っているか知っていますか? なんとなくしか意味を理解していない人もいるのではないでしょうか。ビジネス用語は的確に使えると意思疎通をスムーズにするので、意味や使い方をここでしっかり確認してください。ワークフローを使った例文もご紹介していきます。

▼こちらもチェック
例文つき!「PDCAサイクル」の意味や使い方を知って、ビジネスの効率化を図ろう【スグ使えるビジネス用語集】

■ワークフローの意味とは?

ビジネスシーンで使われるワークフローとは、企業の業務の流れや担当職種の仕事の順序を指しています。これをしたら、次はあれに移る、こんなことが起きたらこう対応するなど一連のプロセスのことです。また、その流れを図式化したものを指すこともあります。現在ではコンピューターのシステムにワークフローが組み込まれ、みながわかるように自動化、共有されることも多くなっているようです。

■ワークフローの使い方

ワークフローを設定すると、企業の現場の第一線で働く社員に大きなメリットがあります。基盤としてのワークフローを把握することで、全体を見通すことができ、業務が進めやすくなり1つ1つの業務を円滑に行うことができます。トラブルやクレームへの対処も設定しておくことで、臨機応変なサポートもできるようになるでしょう。ワークフローを設定し、経過を観察、分析することでそのプロセスの改善も図りやすくなります。そのため、ワークフローの設定が多くの企業やプロジェクトなどで重要視されているのです。

次のページワークフローのビジネスシーンでの例文は?

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]