フェーズってよく聞くけど結局どういう意味? 使い方と例文【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/16

電話・メール

ビジネスシーンで「第1フェーズが」とか「次のフェーズでは」という言葉に出会って、とまどった経験はないでしょうか? ビジネス用語はどんどん新しい言葉が登場してきており、把握するのが大変ですよね。しかし、正しく意味を知っておかないと勘違いからとんでもない失敗につながってしまうかもしれません。そこで、最近使用頻度が高くなってきている言葉「フェーズ」について、例文付きでご紹介しましょう。

▼こちらもチェック!
グロースハックの意味とは? 例文で使い方をマスターしよう【スグ使えるビジネス用語集】

■フェーズとはどんな意味を持つ言葉?

フェーズは「段階」や「局面」を意味する英語phaseから来ています。売り上げのように単位があり、数字の変化から変化が目にみるようなものではなく、プロジェクトの進捗状況のように、単位はないけれど変化していくものに対して使われるのがこの「フェーズ」。ビジネス面では過程の一区切りを表す言葉として使われ、主に開発、治験などの各段階のことをフェーズと呼びます。プロジェクト管理に使われることが多い言葉ですが、災害時やパンデミックなどの対応でも使用されます。

■フェーズはどんなときに使う言葉?

フェーズは単位に表せない、変化の過程にあるものを表す言葉。ビジネスでは主にプロジェクト管理に使われるので、プロジェクトをいくつかの工程に分ける際に「第1フェーズ」「第2フェーズ」などと使用します。長期間に渡るプロジェクトには不確定要素がつきものです。フェーズごとにやるべき内容をはっきりさせておけば、リスク回避にもなり次のフェーズに進むタイミングや進捗状況も明確になります。効率的にプロジェクトを進めるためには、フェーズごとに管理することが必要不可欠なのです。

次のページフェーズの例文をチェック!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]