「わかりました」は敬語? 好印象につながるビジネスメールでの言い換え

2018/04/25

対人マナー

仕事の依頼を受けたり、仕事を指示されたり。あるいは普通に何か言われたとき、当たり前に使う「わかりました」というフレーズ。たしかに明瞭かつ簡潔な言葉で、いつでもどんな場合でも、「わかりました」は誰にでも通じます。

しかし社会人の場合「わかりました」と返事をしてしまうと、「もう少し別の言い方できないの?」と思われてしまうかもしれません。特に自分より立場が上の相手には、より丁寧な表現をすることで「ビジネスマンとして使える人間だ」と思ってもらうのも大切なことでしょう。

ここでは、いろいろな場面でよく使われる「わかりました」というフレーズについて考えてみます。

「わかりました」は敬語?

ビジネスシーンにかかわらず、対面やメール、電話で日常的に最も頻繁に使われるのが「わかりました」ではないでしょうか。もとの形である「わかる」という言葉。これがどんな意味なのか調べてみると、「事の筋道がはっきりする。了解される。理解できる。」とあります。これに「ました」をつけて丁寧な表現にしたのが「わかりました」です。

「わかりました」は、丁寧語であるという意味では敬語だといえます。ただ、相手に対してより尊敬の気持ちを表すには、ちょっともの足りない印象を受けてしまいます。好感度アップを図りたいなら、「わかりました」の言い換えを知って実際に使ってみることが大事です。言い換えが自然にできるようになると、ビジネスマンとしてワンランクアップが可能になるでしょう。

「わかりました」をビジネスメールではどう言い換える?

「じゃあ、“わかりました”は、それ以外どう言えばいいの?」と首をかしげる人もいると思います。だからといって、辞書のとおり「理解しました。」とか「事の筋道がはっきりしました。」などとメールを返す人はいないでしょう。もちろん、ビジネスメールだけではありません。お客様や上司、取引先の担当者に対しても同様です。

「わかりました」の言い換えでもっとも適当なのは、「かしこまりました」です。例えばデパートや電話のカスタマーセンターへの問い合わせなどでは、必ずと言っていいほど耳にする言葉です。上司や取引先の担当者に対しても、「わかりました」を「かしこまりました」に置き換えると印象がより丁寧になります。

「かしこまりました」以外の丁寧な言い換え

「かしこまりました」を使うには、なにか堅苦しすぎるという場合には「承知いたしました」というフレーズをおすすめします。「かしこまる」には、謹んで目上の人の言葉を承る、拝承する、承知するといった意味があります。ですから、「かしこまりました」は「承知いたしました」に言い換えることができるというわけです。

自分がお客様や上司、取引先の担当者の立場だったとします。相手に「わかりました」と返事をされるのと、「承知いたしました」と返事をされるのでは、どちらに好印象を持つでしょう。そう考えると、答えはおのずと出てくるのではないでしょうか。もちろん、「わかりました」という言葉を使ったことで相手が不快な思いをするとは限りませんが、より丁寧に思いを伝えたいなら「承知しました」「かしこまりました」を使いましょう。

まとめ

人としてだけでなく、ビジネスマンとして他者とよりよいコミュニケーションを図るには、言葉は何よりも直接的な手段です。ですから、上手にコミュニケーションを取り、信頼関係を築いていこうとするとき、言葉を選ぶのはとても大事なこと。「わかりました」を「かしこまりました」や「承知いたしました」に言い換えて、好印象+好感度アップにつなげましょう。

・執筆:山岸りん
短大卒業後、自動車ディーラーをはじめ金融関係、介護関係、保育、学習塾と幅広い業種での経験があり、現在は学習塾で小学生の指導に携わる。趣味はインテリア雑貨のハンドメイド。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る