志村けん「ドリフ大爆笑」の収録は、別撮りだった

2016/01/09

社会人ライフ

8日に放送された「ダウンタウンなうSP」(フジテレビ系)に出演した志村けん。

今回の「本音ではしご酒」では。ダウンタウンと坂上忍ともに、志村のいきつけの店をまわり、過去の出来事を明かした。

1970年代に放送された「8時だョ!全員集合」で、不動の地位を築いたザ・ドリフターズ。
志村は、最初は付き人として入ったが、メンバーが一人脱退したことで、正式メンバーとなった。

「ドリフ大爆笑」の収録では、「最初のうちはみんなでうまくやっていた」と、みんながやりたいことを出し合い、うまく役割が、割り振られていた。

しかし、段々その状況は変わり、「俺と加藤(茶)さん、あと他の3人。リハーサルも違う日で、本番も違う日。会っていない」と、別撮りだったことを明かした。

いかりや長介とは、最初のうちは仲良かったが、徐々に関係は変化。
大手の事務所のときは良かったが、ドリフターズの事務所を作ったあたりから、いかりやがお金を管理するようになり、配分が変わったことで、関係がおかしくなったようだ。

24歳で事務所に入ったときには月50万円を貰っており、人気が出るごとに給料もアップ。
当時は、営業を行うと1回1,500万円だったが、その金額を知って「俺たち何も貰ってねえじゃん!」と不満が出た。

それでも、いかりやが亡くなったときには、「辛くて、悪いことは消えちゃう。それまでは自分ばかり(お金を)持っていきやがってと…。でも変わりますよね」と、しみじみ語った。

ドリフターズが最後に集まったのは、いかりやが亡くなる一年ほど前。
「みんが集まると縁起が悪い」と言って、それから全員が揃うことはなかった。

次々と明かにされる真実に、ダウンタウンも坂上忍も、笑いと驚きでいっぱいだった。

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る