各地方出身者に聞く 日本全国の「好きです。付き合ってください」

2012/10/13

付き合い・人間関係

恋愛

それぞれの地方で話される方言は独特の響きを持っていて、同じ意味の言葉でも受ける印象は異なるものです。たとえばシンプルな告白のセリフ「好きです。付き合ってください」という言葉だけでも、地方によって変化はあるのでしょうか。誰か教えて!

▼こちらもチェック!
社会人の恋愛を長続きさせるには? 「恋と仕事両立度」診断!

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、出身地の違う8人の男女。「好きです。付き合ってください」という告白の台詞を、出身地の方言に変えてもらいました!

■北海道

「なまら好きなんだべ。したから、付き合ってくれ」(26歳・男性)

北海道弁で「すごく」や「とても」という意味の「なまら」。感情を表す言葉や形容詞などに繋げて使えそうです。

■岩手県

「好きだから、付き合ってけー」(25歳・男性)

標準語とほぼ同じですが、発音や語尾に地域ならではの方言が。語尾が柔らかいのがいいですね。

■東京都

「好きなんだけど、付き合ってよ」(30歳・男性)

イントネーションは違えど、静岡や福島も同じように言うのだとか。何だかドラマのセリフのように感じてしまいます。

■山梨県

「あんたのこと好きっつこん、だから付き合っちゃあ」(26歳・女性)

「っつこん」は、強調するときに使う言葉とのこと。東京から100キロほどしか離れていないにも関わらず、かなり違った言葉遣いになるようです。

次のページもう少し西に行くとどうなる?

関連キーワード:

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]