新社会人の本音! 興味ないのに結婚式を挙げる理由は「親のため」?

2015/03/28

社会人ライフ

登場シーンではスモーク、お色直しが終わったらゴンドラに乗って再入場。ここまで派手ではなくとも、やはり結婚式はみんなの憧れかと思いきや、最近では「地味婚」を選ぶ人が増えているのだとか。若者たちにとって、もはや結婚式は憧れの対象ではないのでしょうか? フレッシャーズの本音を探ってみました。

▼こちらもチェック!
「ワーク・ライフ・バランス度」診断! 仕事とプライベート両立できてる?

Q.将来は結婚式を挙げたいという憧れはありますか?

ある......88人(42.1%)
いいえ......121人(57.9%)

「ある」と回答したのは、全体の42.1%。なんと少数派となってしまいました。それでは、詳しく回答理由を見ていきましょう。

<やっぱり、結婚式は憧れ!>

■花嫁衣装は着ておきたい

・ウエディングドレスが着たいので(女性/23歳/その他内定)
・神前婚を挙げたい。花嫁衣装を着てきちんと思い出として残したい(女性/22歳/医療・福祉内定)

やはり、花嫁衣装は女子の憧れ。一度は着たいと思う人は多いはず。

■ケジメとして

・同棲中なので、挙式をしなければ、結婚してもなんら変わらない生活になると思う(女性/24歳/医薬品・化粧品内定)
・節目として気持ちが変わるというか、結婚するという実感がわくと思うから(女性/23歳/不動産内定)

同棲中と新婚生活は同じようなものかもしれません。きちんとケジメをつけたいなら、結婚式は良い手段かも。

■自分のためだけじゃなくて......

・自分よりも、奥さんのために挙げさせてあげたい(男性/23歳/小売店内定)
・親に晴れの姿を見てほしい(女性/22歳/運輸・倉庫内定)
・友だちに「結婚式に呼んでくれ」とよく言われるから(男性/23歳/その他内定)

自分ではない誰かのために。それもまた、結婚式を挙げる大きな理由の一つです。

次のページ結婚式は必要ないという人たちの意見とは?

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る