意外と便利!? 身近にいたら役に立ちそうな「妖怪」たち!「豆富小僧」「全霊」

2015/03/14

社会人ライフ

意外と便利! 身近にいたら役に立ちそうな「妖怪」たち!「豆富小僧」「全霊」

「妖怪」といえば、「恐ろしい」「人に危害を加える」といったネガティブなイメージがつきもの。しかし、妖怪がもつ超自然的な能力はとっても魅力的なものが多く、使いどころによっては生活を豊かにしてくれるケースもあるかもしれません。今回は、そんな「日常生活で役に立ちそうな妖怪」をピックアップしてご紹介します。

▼こちらもチェック!
「雷」「マンホール」「広い部屋」なぜか子どものころ怖かったもの


■サラリーマンにとっての大きな課題、「通勤」に役立つ妖怪たち

●一反もめん


ウッカリ寝坊したり、突然の交通トラブルで遅刻しそうなとき、背中に乗っけて会社まで運んでくれます。雨の日は水を吸ってスピードが落ちるしコッチもビチョビチョになってしまうので、なるべくなら晴れの日に使いたいですね

●ぬりかべ

通勤時、電車に乗っていて駅に着いたとき、コッチが降りる前にムリヤリ乗ってこようとする人にはウンザリさせられます。そんな時に、巨体を活かしてマナー知らずな人をザーッとホームの奥へ押し返してくれます。普段は小さくなってカバンに入れることもできるので、ほかの似たようなケースでも活躍してくれそうですね。

■日々の暮らしでも大活躍!

●あずき洗い


小豆を洗うのが得意なら、皿洗いも上手いハズ。米を研いだり、カットした野菜を洗ったり、料理のお手伝いにも役立ちそうです。ほかにも自宅での風呂掃除に「あかなめ」、ちょっとサラダ油を切らした時に助かる「油すまし」、ついウトウト昼寝してしまったときに代わりに夕食を作ってくれる「うまづら」なども大いに助かりそうです。

●輪入道

「炎をまとった空飛ぶ車輪」という少し変わったビジュアルですが、寒い日にはヒーターを使わずとも家の中をポカポカにしてくれます。浮いているので床に焦げ目がつく心配もなく、薄給のアパート入居者には有難いですね。サマーシーズンには「雪女」や「雪ん子」などが、クールビズさながらに活躍してくれそうです。

●ぶるぶる

この妖怪に憑かれると、誰でもとつぜん首筋に寒気を覚えてゾッとします。一見すると地味な能力ですが、会社でいつまでもムダに居座る取引先相手や、自宅でもしつこい勧誘や訪問販売に帰ってもらいたいときに重宝しそうです。あるいは最初から「つるべ落とし」にドアの上に居てもらい、イヤな来客を驚かしてもらえば、訪問される前に撃退できますね。

●豆腐小僧

なんの能力も持たないどころか、とっても臆病な「豆腐小僧」。小腹が空いたときに豆腐をわけてもらったり、ホラー映画を一緒にみて怯える様子を楽しんだりなど、一緒に暮らすだけで会社で溜まったストレスをホッコリと癒してくれそうです。ほかにも愛玩妖怪としては、「毛むくじゃらの貯金箱妖怪」こと「丸毛」を、デスクの上でコロコロと転がしてるだけでも和みそうです。

■アフター5に連れて行きたいレアな妖怪たち

●おくり提灯


夜道をゆく人の前に現れて、道案内をするように前を照らしてくれる「おくり提灯」。しかし、江戸時代とは違って夜でも電飾の光に満ちた現代では、提灯の明かりはあまり役に立ちそうにないかもしれません。しかし、江戸に伝わる「本所七不思議」のひとつで、昔から街中を歩き回っているから都内のデートスポット事情には詳しいはず。会社帰りやデートなどで、美味しい料理店のチョイスやオシャレな盛り場をナビしてもらうとかなり役に立ちそうです。

●ひだる神

旅人に取り憑いて飢えや乾きを与える、どちらかというとマイナスイメージの強い妖怪。しかし、食べ放題やバイキングではその能力がとっても便利。いくら食べても満腹にならないから、目に入った料理やスイーツを余すところなく楽しめます。接待で出された食事を残さず食べたり、大食いチャレンジなどに挑戦してカノジョさんに男らしさをアピールしてみるのもいいかも。

■ゲットすれば仕事も人生も順風満帆、運気上昇まちがいなし!?

●座敷わらし


家に住みつき、富と繁栄をもらたらしてくれる「座敷わらし」。しかし、「イタズラ好きな性格」「出て行かれると凄く運気が下がってしまう」といったウィークポイントをどうにか解決しないと危なくていけません。子供の妖怪なので、愛情タップリにコミュニケーションをとり、信頼を得ればイラズラも減って末永く居ついてくれるのではないでしょうか。

●金霊

貨幣の姿をしており、空を飛んで大量にドーッと家に飛び込んでくると繁栄が約束されるという妖怪。漫画家・水木しげるが鳴かず飛ばずで貧乏にあえいでいたとき、この妖怪を目撃した途端に作品が評価され、トントン拍子に成功したという逸話も。水木しげるは夜道を自転車で走っていたときに遭遇したそうなので、退社後や休みの日に、夜の散歩を習慣づけると出会えるかもしれません。

一見、まったく使いどころがないように思える妖怪でも、便利に活用できるシチュエーションは思いのほか沢山あります。そもそも妖怪は、神羅万象あらゆるものに宿る精霊のようなものであり、人間にとっても大変身近な存在です。想像力を働かせれば、もっと沢山の妖怪と楽しく暮らせる方法が見つかって、日々の生活が潤い、楽しく過ごせそうですね。

文●西山大樹(清談社)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]