「女子社員のマウンティング」「悪口を報告する同僚」会社で絶交を決め込むほどウンザリした人たち

2015/01/20

対人マナー

「女子社員のマウンティング」「悪口を報告する同僚」会社で絶交を決め込むほどウンザリした人たち

毎日、顔を合わせるオフィスの人間関係。円滑に仕事を進めるためには、誰でも波風立てずに無難に過ごしたいもの。しかし現実にはそうもいかず、テレビドラマも真っ青のドロドロに巻き込まれることも......。そこで、立場やリスクを超えて、上司や同僚に「もうこいつとは口もききたくない」と思った経験について、社会人男女500人に聞いてみました。

▼こちらもチェック!
職場には"気分屋"がゴロゴロ!? うちの会社の困ったさんはこんな人!

■できない人間にウンザリ

・人が新人研修で教えているのに全く話を聞いていなかった(女性/33歳/学校・教育関連)
・タメ口で話しかけてくる後輩。礼儀をわきまえてない(男性/31歳/商社・卸)
・すぐそばの電話が鳴っているのに電話に出ない人。アドバイスすると逆ギレ(男性/55歳/学校・教育関連)
・仕事があまりにもテキトーなので注意したら、まったく気にする様子もなく態度も改まらなかったとき(女性/25歳/医療・福祉)

定番の「できない新人や後輩」のほかに、意外にも先輩や同僚の「サボる」「できない」ことに対しての怒りも多く見られました。仕事ができないのに自分と同じかそれ以上の条件で給料をもらっている理不尽さに、日々怒りを倍増させていくようです。

■セクハラ上司

・セクハラをされた(女性/24歳/情報・IT)
・中年の社員にしつこく言い寄られたとき(女性/28歳/建設・土木)
・社長が社員旅行に女子社員が参加するかどうかをやたら心配しているのを見たとき。エロオヤジ丸出しの姿にもう会社を辞めようと決心した。近々退職する予定(男性/30歳/機械・精密機器)

退職してしまうほど、同性からしてみても、セクハラする姿は見苦しいのですね。当事者なら、口もききたくなるほどウンザリするのは当然です。

■同僚が「マウンティング女子」

・常に上から目線な同僚(女性/27歳/印刷・紙パルプ)
・喋れば喋るほど損した気分にさせる空気の読めない同僚女性。マウンティングが多いのでもう喋りたくないなと思った(女性/30歳/金融・証券)
・やたらマウンティングしてくる同期。自分の仕事のすごさをアピールしてきて辟易した(女性/26歳/金融・証券)

昨年話題になった「マウンティング女子」。相手にしたくなくても毎日顔を合わせている同僚だけに面倒くささ倍増ですよね。まだマウンティングの付けあいならまだしも、こんな同僚も......。

■「腹黒」軍師官兵衛な同僚

・同期の飲み会で先輩の悪口を言っていたら、翌日その張本人に「○○さんがこういうこと言っていました」と報告した同期の女(女性/28歳/商社・卸)
・名前こそ出してないが、わたしとわかるくらいに自分のブログやツイッターにさんざん悪口を書いていることを友達経由で知ったとき(女性/27歳/情報・IT)
・同僚にわけのわからない性的なうわさを流された(女性/32歳/建設・土木)
・根も葉もない失態を言いふらされ、別部署に飛ばされた(女性/28歳/機械・精密機器)

もっとも、先輩の悪口を告げ口したという同期は、逆にしばらく干されてしまったとか。まさに「策士策に溺れる」を地で行くこともあるようなので、真似をしてダークサイドに堕ちないように気を付けたいものです。

■「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任」上司

・成功は自分のおかげ、失敗は部下のせい、という上司の態度が嫌(女性/31歳/情報・IT)
・上司に自分の資料を無くされ、提出された覚えはないと言われたとき(女性/27歳/学校・教育関連)
・契約できそうな雰囲気になるといきなり横から割り込んできて、あとから「契約できたよ」とわざわざ言ってくる(女性/23歳/情報・IT)
・年下の上司。とにかくズル賢い。自分が上に登るためなら簡単に人を踏み台にする。でも本人はそれに気づいていない(女性/34歳/不動産)

上司ネタとしては、他に「パワハラ」「マタハラ」をされたという意見も多く見られました。また「指示通りにしたのに怒られた」など、こちらは言うとおりにやったのに怒られるということにストレスをためる部下も多いようです。

■「チリも積もれば...」憎しみに!?

・同僚でジュース代を借りて返さないやつがいる。何度言っても返さないやつがいる。終いには「ケチケチすんな」とのこと(男性/33歳/医薬品・化粧品)
・お菓子などを、一人暮らしの私が上司や先輩にあげているのに、実家暮らしの彼女はいつも半分横取り。これが溜まると本当に嫌になる(女性/23歳/商社・卸)
・あいさつを3年無視され続けたとき(女性/31歳/医療・福祉)

食べ物の恨みは怖い、とは言いますが、あまりにもセコい狡猾さが続くと「絶交」につながるようです。また、さすがにどんなに気の長い人でも、あいさつを3年間無視されるとさすがに堪忍袋の緒が切れてしまうようですね。

■姑のようなネチネチいびり

・出勤するなり延々と愚痴を聞かされるとき(女性/27歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・給湯室のぞうきんのかけ方でぐちぐち言われた(女性/34歳/商社・卸)
・仕事の内容で怒られるならまだしも、洗ったマグカップを食器棚に戻さないまま帰っただけで「女子力がない」と怒られた(女性/26歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

まるで、姑の嫁いびりのようなネチネチとした言動に、イライラする人も。しかも、仕事に関係のないことで、「女子力が低い」と言われるのは女性にとっては、屈辱的ですよね。

■その他

・結婚が決まったとき「おめでとう」と言ってくれなかった先輩(女性/26歳/金融・証券)
・忙しすぎて一週間会社に泊まり込みで風呂も入らない同僚のにおいがきつすぎて口もききたくないと思った(女性/27歳/人材派遣・人材紹介)
・かわいい子と私に対しての声のトーンが違うこと(女性/33歳/その他 秘書・アシスタント職)
・上司が「お前が苦しむのを見て楽しい」と言ったとき(男性/43歳/情報・IT)

なんと、ほとんどの人が会社で「こいつとは口もききたくない」と思った経験があるようです。なかには、「難くせお局とは一年以上口をきいてない」(女性/32歳/医療・福祉)という現在進行形の人も。とかく「大人の対応」を求められる職場で、怒らざるを得ないまでに追い込まれる「絶交エピソード」の数々、いかがでしたでしょうか。職場で理不尽な思いをしている人はあなただけではないようですよ。

文●もにょるん

調査期間:2014年12月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象件数:社会人男女 500件(ウェブログイン)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]