交際費と自己投資費、出世のためにはどちらが重要?→自己投資費:54.2%「資格を取ると箔が付く」

2014/09/22

対人マナー

交際費と自己投資費、出世のためにはどちらが重要?→自己投資費:54.2%「資格を取ると箔が付く」

出世したいと思ったとき、皆さんはどんなことをするべきだと思いますか? 人脈を広げるには「交際費」が必要ですが、スキルを高めるに「自己投資費」も惜しみたくないもの。どちらが重要だと思うか、社会人に聞いてみました。

▼こちらもチェック!
将来役に立つ! 社会人がスキルアップのためにしていること9選

Q.仕事で出世したりステップアップしたりするためには、「交際費」と「自己投資費(習い事やセミナーなど)」、どちらにお金をかけたほうがいいと思いますか?

交際費......229人(45.8%)
自己投資費......271人(54.2%)

やや「自己投資費」が上回ったものの、ほぼ半々という結果に。働いている環境にもよるかもしれませんね。それぞれを選んだ理由を紹介します。

■出世するにはスキルが必要(自己投資費)

・資格を取ると箔が付く。人からの見た目も変わると思う(女性/31歳/ソフトウェア)
・まずは自分を高めないと、高い次元にいる人たちの思考回路がわからないから(女性/24歳/医療・福祉)
・交際費をたくさん使って人脈ができたと言う人の話をよくよく聞いていると、出費とリターンの関係がかなり微妙だったから(男性/31歳/食品・飲料)

「自己投資費」と回答した人たちは、資格取得など自分へのメリットも重視しているようです。まずは自分がレベルアップしないと、役職についても相手にされないのではないかという意見もありました。

■人とのつながりを大切に(交際費)

・仕事をする上でもコミュニケーションは重要だから(男性/31歳/金融・証券)
・飲み会にうまく付き合ってる先輩は上司の覚えもいいから(女性/23歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・交際の中からヒントが見つかることが多いと感じるから。付き合いが悪いと、社内のポジションも......(女性/31歳/医療・福祉)

一方、「交際費」を重視している人たちは、人脈を築くことが仕事にも結びついていくと感じている様子。いくら自分磨きができていても、付き合いが悪いのは出世に響くという意見も多かったです。

では、実際に先輩たちは、出世やステップアップのためにどんなことを心がけているのでしょうか? お金の使い方や勉強法を教えてもらいました。

■書籍やセミナーを活用

・投資などビジネス本を月に最低一冊購読(男性/28歳/電機)
・有名企業の女社長が出版した本を買って処世術を参考にしている(女性/28歳/アパレル・繊維)
・お金をかけずに無料の県や市が主催しているセミナーへ参加している(女性/32歳/学校・教育関連)

では、書籍やセミナーなどは、手軽に知識を得ることができます。無料セミナーもあるようなので、上手に活用したいですね。

■英会話はマスト

・英会話力を磨くために毎日語学の勉強をしている(女性/23歳/生保・損保)
・TOEICのテストを毎年決まった時期に受けるようにしている。また、それに向けて本を購入して勉強(女性/23歳/電機)
・なるべく英語力を維持できるよう、Podacstで英語番組を聞いたりしている(男性/50歳/電機)

英会話に関しては、オンライン講座や教材が充実してきました。通勤時間を活用して学習することも可能です。その気になればすぐに始められるので、あとはやる気次第なのかもしれません。

■自宅で独学派

・情報処理の勉強をWebで(女性/32歳/情報・IT)
・独学ですが教材を買って簿記の勉強をしている(女性/27歳/印刷・紙パルプ)
・宅建主任の資格取得を目指して通信教育を受けている(男性/50歳/団体・公益法人・官公庁)

安くて内容のよい教材がネットなどですぐに手に入る時代なので、独学派の人の環境は整っています。情報も集まりやすいので、仕事をしながらスキルアッフすることも夢ではありません。

■人脈を作るための努力

・色んな場所に出かけて人脈を作る(女性/50歳/金融・証券)
・業界の集まりにはなるべく参加する(女性/37歳/マスコミ・広告)
・地域の祭りに参加している(遠征も有り)(男性/36歳/印刷・紙パルプ)

自身を高めながらも、さらに人脈作りにも力を入れれば、出世に効果がありそうです。あとは、自分がどこまで頑張れるかではないでしょうか?

自己投資と人脈づくり、どちらも仕事をする上では大切なこと。それを理解した上で、今の自分により必要な方に比重を置くことが重要なのかもしれません。仕事とは地道にコツコツとやっていくもの。これからも、自分磨きに励みましょう。

文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子

調査時期:2014年8月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:社会人500人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]