カフェラテ、カプチーノ、カフェオレの違いとは? スタバ、タリーズ、ドトール......それぞれ比べてみた。

2014/09/04

社会人ライフ

カフェラテ、カプチーノ、カフェオレの違いとは? スタバ、タリーズ、ドトール......それぞれ比べてみた。

何気なく飲んでいる、カフェラテやカプチーノ。よく注文しているけれど、実は違いがわからない......そんな人も少なくないのでは?

結局のところ、カフェラテ・カプチーノ・カフェオレってどう違うのでしょうか? 調査してみました。

▼こちらもチェック!
社会人のコーヒーブレイク事情! 職場で飲むのは「ドリップコーヒー」派が42.8%

まず辞書を調べてみると、

○カフェオレ......正しくは「カフェ・オ・レ」フランス語で、直訳すると「コーヒーに、入れる、ミルクを」。つまりミルクとコーヒーであればカフェオレです。

○カフェラテ......こちらはイタリア語、英語の「カフェ」とイタリア語の牛乳「ラッテ」を足したものです。イタリアではエスプレッソが主流なので、必然的に「エスプレッソ+スチーム(蒸気で温めた)ミルク」の組合せが多いようです。本場ではエスプレッソ1:ミルク4の割合が一般的です。

○カプチーノ......こちらもイタリア語です。エスプレッソ1:スチーム(蒸気で温めた)ミルク1:フォーム(蒸気で泡立てた)ミルク1が主流ですが割合が違ってもすべてカプチーノです。カプチン会の修道士が着るフードのついた修道服、カップッチョが語源と言われています。割合に応じて、「キアロ、スクーロ、ウェット、ドライ」などがあります。フォームなしだとカフェラテ、フォームありだとカプチーノと覚えてください。

基本は、カフェラテはイタリア語、カフェオレはフランス語でミルク多めのコーヒー牛乳。カプチーノのみ泡立てたミルクがさまざまな分量で入るということですね。

では、これを踏まえて、都内のカフェで飲み比べて確認してきました!

注)スチームミルクは、蒸気で温めたミルク、フォームミルクは泡立てたミルクです

■スターバックスコーヒー

○カフェミスト......ドリップコーヒーにスチームミルク、フォームミルク
○スターバックスラテ......エスプレッソ、スチームミルク、フォームミルク少々
○カプチーノ......エスプレッソ1:スチームミルク1:フォームミルク1

スターバックスでは、「カフェミスト」なるメニューがあります。ドリップコーヒーに、スチームミルクをたっぷり入れて、フォームミルクでふたをしたもので、カフェラテの一種です。スターバックスコーヒーはシアトル系といわれる、アメリカ発祥のエスプレッソコーヒーを主体としたカフェで、このようなシアトル系独自のネーミングのメニューもあります。

そして、ラテとカプチーノ。なんと、入っているものは同一で割合だけが違います。カプチーノは本場とほぼ一緒ですが、ラテはスチームミルクがほとんどで、フォームを軽くトッピングしているそうです。イタリア式では、ウェット・カプチーノといわれるものです。

■ドトールコーヒー

○カフェラテ......エスプレッソにスチームミルク
○カプチーノ......フォームミルクにエスプレッソとシナモン

ドトールコーヒーは、ラテはスチーム、カプチーノはフォームと分けているようです。シアトル系カフェなので、シナモンとココアを混ぜたトッピングがされているのが特徴のようですね。シナモンをかけるのはアメリカ文化ですが、世界的なシアトル系カフェブームで、イタリアなどでもシナモンをかけるカフェが増えているようです。

■タリーズコーヒー

○カフェラテ......エスプレッソ、スチームミルク7:フォームミルク3
○カプチーノ......エスプレッソ、スチームミルク1:フォームミルク9

タリーズのカフェラテは、イタリア式表現では「ウェット・カプチーノ」といわれるような、ミルク感の強いタイプです。シアトル系では、「ウェット・カプチーノ」=「カフェラテ」という考え方が多いようですね。

また、カプチーノはフォームミルクが大半で、ほとんど泡状のもの。量的にはカフェラテのほうがお得感がありますが、カプチーノもなめらかな味わいです。

■カフェ・サンマルク

○カフェラテ......エスプレッソにフォームミルク多め。
○カプチーノ......濃い目のエスプレッソでフォームミルクはやや少なめ。

 サンマルクはちょっと独特。カプチーノはカフェラテの二倍も濃いエスプレッソなのでしっかりしたコクが特徴です。

こうして比較してみると店舗ごとに辞書に定義されている基本は守りながらも、一工夫加えてオリジナリティを出していることが分かります。微妙な分量の違いが味わいにも違いを生み出しているので、飲み比べてお気に入りのカフェを見つけてみるといいでしょう。

いかがでしたか? 意外とそれぞれの違いを知らなかったという人は多いのではないでしょうか。定義をわかった上で応用を楽しんでみると、よりコーヒータイムが充実することでしょう。

文・藤原ゆうこ

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る