恋人と別れたことで学んだこと「相手に合わせない」「追うほど逃げられる」

2014/03/13

新生活・準備

恋人と別れたことで学んだこと「相手に合わせない」「追うほど逃げられる」

恋愛が人を成長させるという話を聞いたことがあると思います。相手の考えから学ぶことや、価値観を教わることもあるでしょう。それは、付き合っているときだけではなく、別れるときにも言えること。破局によってどんなことを学べたのか、社会人に聞いてみました。

▼こちらもチェック!
恋人と別れてから次の恋人ができる間隔はどれくらい? 最多は1年「落ち着くのに半年、新しい恋に半年」

■すべてを理解しなくてもOK!?

・あまり相手に合わせない、自分中心に相手に気を使わせるくらいでいたほうが良い(女性/27歳/電機)
・男と女はまったく違う生き物であり、理解し合うのは難しい(女性/27歳/機械・精密機器)
・人に合わせ続けると疲れるし、我慢は長く続かない(女性/26歳/商社・卸)

付き合い始めたばかりのときは、相手の顔色をうかがい、何でも合わせてしまいがち。しかし、そのような恋愛は疲れてしまうし、長続きはしないようですね。

■相手との温度差にも注意

・追うほど逃げられてしまう(女性/25歳/医療・福祉)
・少し会わなかった場合は関係が変わっていることもあることを考えないといけない(男性/28歳/情報・IT)
・仕事が忙しくなったときや仕事が大変なときに真意が問われる(女性/35歳/情報・IT)

好きな気持ちが強すぎて周りが見えなくなるのも考えもの。とくに社会人同士の恋愛の場合は、相手の立場や状況を考えることも必要です。

■相手の性格をプロファイリング

・うんちくを語る人は自分が大好き。ガタガタうるさい人はほっといた方がいい(女性/30歳/不動産)
・ありがとうが言えない、感謝ができない、または感謝が薄れていく人は自分には合わない。付け上がるタイプは論外。言っていることよりもやっていることでその人が見える(女性/30歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・金にルーズな人は、女を上手く操る(女性/26歳/人材派遣・人材教育)

相手の性格を注意深くうかがうのは、過去に失敗した経験があるからこそ。同じ過ちを繰り返しませんように!

■永遠なんて存在しない!?

・マリッジブルーは本当にあると思った。結婚前こそ気をつける必要があると感じた(男性/36歳/団体・公益法人・官公庁)
・人生は一度っきりで、後悔のないように生きていかなければいけない(女性/24歳/学校・教育関連)

愛し合っていたと思っても、絶対に心変わりしないとはいえないのがつらいところ。つねに自分を見てもらえるように努力する必要があるかもしれませんね。

まるで人生の教訓のような言葉がズラリ。経験者のコメントには重みが感じられますね。恋人との関係が危なくなってきたときに思い出せば、問題を解決するヒントが得られるかもしれませんよ。

文・OFFICE-SANGA 藤井蒼

調査時期:2014年2月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:社会人580人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]