「働くからには稼ぎたい」「プライベート確保が重要」職種、給料、知名度。エントリー先を決めるときに何を一番重視した?

2014/03/10

新生活・準備

「働くからには稼ぎたい」「プライベート確保が重要」職種、給料、知名度。エントリー先を決めるときに何を一番重視した?

社会人になる前の関門「就活」を無事終えて、春から社会人になる内定学生たち。企業側から何度も振るいにかけられてきたことと思いますが、逆に学生たちは会社を選ぶにあたってどんなことを重視したのでしょうか? 内定学生の459人に給料や知名度など、何に一番比重を置いたのかを聞いてみました。

▼こちらもチェック!
中小企業と大企業を比較してみた「中小企業→成長が早い」「大企業→使い捨ての兵隊」

Q.エントリー先を決めるのに、何を重要視しましたか?(5項目まで回答可)

1位 【給料】 61.0%(280人)

・奨学金返済と私生活の両立のため(女性/22歳)
・とにかく働くからにはお金を沢山稼ぎたかったから(女性/22歳)
・自立するためにはある程度の給料は必要であり、また自分の学んできた内容が活かせる仕事で、大手企業が良いと思った(女性/22歳)
・お金と休み、そしてやりたいことのバランスが整っているところに入りたかった(男性/24歳)

2位 【業界】 59.7%(274人)

・興味のない業界では長続きしそうにないと考えたから(女性/22歳)
・やりたい仕事をして、休みもしっかりとれて、それなりにお金ももらえる仕事がしたかった(男性/22歳)
・給料や勤務場所はどこでもよくて、自分のやりたいことや、自分の考えと一致する会社に入りたいと思っていた(女性/22歳)
・興味ない業界では働いていく気がおきない。また規模が小さすぎると、できることが限られると思っている(男性/24歳)

3位 【福利厚生の充実度】53.8%(247人)

・年を重ねると体にもガタがくるから、福利厚生を重視した(男性/25歳)
・出産、育児に悩むことがないようにするため(女性/22歳)
・住宅費などバカにならないので、手当がしっかりしているところがよい(女性/22歳)

4位 【夢ややりたいこと・商品・サービスがあること】 52.7%(242人)

・やりたくもないことを頑張って結果を出すのはとても大変であると考えているから(女性/24歳)
・最重要だったのが、自分のやりたい仕事ができるかどうかだった。志望業界では中小企業から大企業までこだわらず受けた。結果として選べる身だったので、女性の活躍があるかや、会社の知名度などで決定した(女性/22歳)

5位 【休日の日数】 44.9%(206名)

・長く働くためにはプライベートの時間が十分確保できることが重要だと思うから(女性/25歳)
・稼げても、使う時間がなければ意味がないから(女性/22歳)
・休日が土日でないと色々なことができない、友達と会うことができない(女性/22歳)

【他にはこんな意見も!】

・全国転勤が可能であることを特に重視した。もしも職場での人間関係がうまくいかなかったりしたときに、全く異動のない会社であればずっと居心地の悪いままだから(女性/23歳)
・雰囲気が最重要。一緒に長い時を過ごすので(女性/22歳)
・都内でないと、趣味が継続できないため都内から転勤のない会社であることを重視した(男性/24歳)
・知名度が高いと安心すると思っていた自分がいた(女性/22歳)
・理系の大学を卒業して、技術職に就きたかったので、業種重視だった(男性/24歳)

みなさん「長く勤務できる」ように、仕事内容や福利厚生などがバランスよく整っている企業を選んでいるようでした。なかでも仕事をするにあたっての大きなモチベーションになり、生活の基盤にもなる給与に1番多くの票が集まりました。学生時代とは違って、まとまったお金が手に入るようになりますが、くれぐれも無駄遣いには気をつけて、4月からの社会人生活を楽しんでくださいね。

文●ゴリコ

調査期間:2014年1月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象件数:内定学生459人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]