JKってどういう意味? 「ksk」「gkbr」。ネットスラングの認知度ってどれくらい?

2016/11/24

新生活・準備

「ksk」「jk」「gkbr」。ネットスラングの認知度ってどれくらい?

インターネットの掲示板やSNSでよく見かけるネットスラング。皆さんはどれくらい知っていますか? 頻繁に見る言葉だけどいまいち使い方が分からない、でも今更人に聞くのも......なんて人もいるのでは? そこで今回は、掲示板などで使われてはいるけれど、意外と認知度の低かった言葉5つを紹介します。

▼こちらもチェック
え、ほんとに同じ人? 本人とキャラが違い過ぎてドン引きした「ネット人格」エピソード

■認知度ワースト5

1位「ksk」...29.4%
2位「jk」...36.9%
3位「gkbr」...43.5%
4位「ggrks」...52.9%
5位「GJ」...56.2%

「ksk」「jk」「gkbr」などは半数以上が知らないという結果に。数あるネット用語ですが、浸透具合には差があるようです。では、これらの言葉は実際どんな意味で、どのように使われているのでしょうか。詳しく見てみましょう。

■ksk

こちらは「かそく」と読み、漢字にすると「加速」になります。なにを加速させるのかというと、掲示板のレスを埋める速度のこと。

1:レス500超えたら、おまえらの好きな画像貼ってやる。
2:ksk
3:ksk
4:kskはよ!
...

というように、レスを消化することを目的に「ksk」一文字のみを書き込む場合が多いようです。まさに掲示板サイト専用のネットスラングといった感じですね。インターネットの掲示板を見ない人は、あまり目にしないかもしれません。認知度が低いのもうなずけます。

■jk

「jk? 女子高生の略でしょ?」と思った人は少なくないはず。しかし、別の意味でも使われているみたいです。JKは「常識的に考えて」の略語。「常識的に考えて」→「常考」→「jyoukou」→「jk」と進化(?)をとげた様子。「メイドには黒タイツが鉄板だろjk」といったコメントを2chで発見しましたが「常識的に考えてメイドには黒タイツが鉄板だろ」という意味だと思われます。

■gkbr

こちらの言葉はなんと、擬態語をアルファベットで表記したものなのです。

「ガクガクブルブル」→「gakugakuburuburu」→「gkbr」と、かなり省略された模様。「うちの爺ちゃんが入れ歯をはめてるのを初めて見た時、マジでgkbrした」のように、恐怖や怯えを表すときに使われているようです。擬態語が語源だけに震える様子が目に浮かんで、何だか臨場感がありますよね。

次のページggrks、GJの意味は?

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]