夏を涼しく! 部屋で快適に過ごす方法

2012/07/05

付き合い・人間関係

気象庁が発表した3カ月予報によると「西日本は平年より暑く、東日本は平年よりやや高温傾向」とのこと。例年より暑くなりそうな2012年の夏ではありますが、こんな時こそ前向きに涼やかな夏を過ごしてみたいものです。

快適に過ごすためには、身近にいくつかの"涼"を仕掛けることが大切です。ポイントは、「風をつくる」「光を遮る」「体をクールダウンする」の三つです。

●風をつくる

人間が感じる暑さは、気温だけでなく、肌で感じる「体感温度」にも影響されます。その体感温度を下げてくれるのが「風」。風に当たるだけで体感温度は下がり、涼しさを感じることができます。

【生活のヒント】

・窓や扉を開けて、風の通り道をつくる
・エアコンの温度を少し高めに設定し、扇風機やシーリングファンで風をつくる。扇風機がない場合は、エアコンの風量を強にする。

【知恵袋】

冷房の設定温度を1度上げると、約10%の節約に。扇風機を使っても、風量を強にしても節電効果は見込めます。

●光を遮る

夏が暑いのは、太陽が真上から長い間照りつけるため。強い日差しを部屋から遮断すれば、涼しく過ごすことができます。

【生活のヒント】

・窓の外側によしずを立てかける
・すだれを垂らす
・ベランダにグリーンのカーテンを作る
・窓に遮光フィルムをはる
・カーテンを閉める

【知恵袋】

光はできるだけ部屋の外側で遮断し、熱気が部屋の内側まで入ってくるのを阻止するとより効果的。ちなみに光を遮断すれば室内の温度が2度下がると言われています。

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]