社会人のための お通夜・お葬式・告別式マナー 香典や服装、当日の流れをチェック!

2017/02/03

対人マナー

Vol.6 服装、アクセサリー、持ち物

弔事における服装

通夜はあらかじめ予定されたことではなく、突発的な事態として仕事先からかけつけることもあるので、喪服を着ていなくても失礼にはあたりません。しかし、できれば一度自宅に戻って着替えるのが無難。それができない場合は、やはり派手な装いは控えましょう。

女性は黒のスカーフやハンカチ、ストッキング、男性は黒のネクタイ・靴下、白いワイシャツなどを仕事場に備えておくと慌てないですみます。 喪服は肌の見える部分が少ないほど正式です。

女性の場合はスワトーのハンカチを1枚もっていると、慶弔両方に使えて便利。
香港や中国旅行の際に買い求めて置くのも手。

バッグや靴は、は虫類系のものは殺生を意味するためタブー。布製のものや、マットな皮(スエードなど)で、金具など飾りのついていないものを選びます。

ヘビ皮、オーストリッチ、ワニ皮などのバッグ、靴は×。
金具がゴージャスなものもふさわしくありません。

アクセサリーも、つけるなら涙を連想させるパールが一般的で、ネックレスなら一連のもの(二連は「悲しみが重なる」という意味で避ける)。
メイクは控えめに、マニキュアや香水はつけない方がいいとされています。またロングヘアはシニヨンなどにまとめましょう。
夏場も肌は隠すのが基本ですが、七分袖や半袖までならOKです。胸元が大きく開いたデザイン、レースや透ける素材は避けましょう。 冬場のマフラーや手袋は、お焼香や献花の際には必ずはずしましょう。

長い髪はシニヨンなどまとめること。お化粧も控え目に。
胸元はできるだけ開けないのが基本

【男性の場合】

通夜、葬儀、告別式における正式な喪服は黒のモーニングに、黒またはグレーの縦縞のズボン。チョッキはシングルで上着と共布の黒、ワイシャツは白でダブルカフス。ネクタイ、靴下、靴ともに黒のもの。
一般弔問客の場合は、ブラックスーツかダークスーツなど地味なスーツでもかまいません。喪服同様、ネクタイ、靴下、靴は黒無地で統一し、シャツは白(白の織り柄のものでも可)。

【女性の場合】

黒のフォーマルドレスで、派手なボタンや飾りのないものを。ストッキング、靴は黒、小物は光沢のない地味な色合いのもので、もちろん黒がベスト。
アクセサリーは基本的に控えめに。イヤリング、ネックレスは真珠やオニキスなど、光らないもの。指輪は、結婚指輪以外は身につけない方がいいでしょう。
その他、慶弔兼用の袱紗、白いハンカチ、冬場や雨天の場合のために黒やダークグレーの傘やコート(光沢のない素材)を持っていると便利。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]