フレッシャーズ マイナビスチューデント-学生のための社会人準備応援サイト

【社会人になる前に知っておきたいお金の話】第5回:自己投資は何に、どれくらい必要?

2011/12/12

お金の知識全般

【社会人になる前に知っておきたいお金の話】第5回:自己投資は何に、どれくらい必要?

第5回:自己投資は何に、どれくらい必要?

■自己投資の大切さとは?

自分の将来や人生の目標のために、自らのスキルを磨くことなどにお金を投資することを、「自己投資」と言います。自己投資は大切だとは聞くものの、いったいいくらほどかければよいのか、どのようなお金の使い方をすればよいのか分からないという声をよく聞きます。

まず、なぜ自己投資が大切なのかを確認しましょう。第1回でも書きましたが、これから社会人になり一生涯で稼いでいくお金を合計すると、約3億円になるというデータがあります。つまり、自分自身の"稼ぐ力"というのはとても大きな資産になってきます。これから先の時代は終身雇用や年功序列制度が必ずしも保障されていないため、会社に貢献し続けることで会社にとって必要な人材となり、その結果としての"収入アップ"を目指していかなければなりません。

■仕事に必要な能力をピンポイントで磨く!

では、どのような自己投資をすれば自分の人材価値を高められるのでしょうか。最も大切なことは、仕事に必要な能力を仕事の中で身に付けていくということです。その上で、自分の能力の不足している部分を研修やスクールなどで補っていくことができれば更によいでしょう。

例えば、私は現在FPとして仕事をしていますが、会社員の頃に突然、海外とやり取りが必要な部署へ異動になったことがあります。最初はビジネスメールや電話の対応などに苦労したために、仕事の後に英会話スクールへ通ったり、会社の研修を受けたりしました。また、独立した後は人前で話す機会が増えたために、NHK放送研修センターでスピーチのトレーニングを受けました。1日3万円弱かかりましたが、価格に見合った内容を提供してくれましたし、講演ができるようになると数回で十分取り戻すことができます。会社によっては受講料に補助が出るそうですが、これらの自己投資で仕事に必要なスキルを効率的に身につけることができ、すぐに仕事の場で活かすことができたのです。

こうした研修やセミナーは、会社が提携しているスクールを選ぶと授業料の割引を受けられるので活用しましょう。ポイントは、今のあなたの仕事に必要なスキルをピンポイントで磨くことです。お金と時間は限られているため、「いつか役立つかも」ではなく、「今確実に使える」スキルを身に付けた方がリターンが大きいのです。

■自己投資の目安は手取り給与の10%

ビジネス書などを読むことも、とてもコストパフォーマンスのよい自己投資と言えます。なぜなら、わずか1000円前後の投資で経営者の仕事術や著名人の生き方などを学ぶことができるからです。

1000円前後の本を何冊も買うと、ちょっと高く感じるかもしれません。しかし、実際にその人たちに会おうと思ってもアポイントが取れるかわかりませんし、たとえ取れても著名人の講演料は高額であることを考えると、1時間のランチでもそれなりの謝礼が必要です。有料セミナーも、1万円前後で希望の人がタイミングよく開催している可能性は高くありません。その点、本は必要なときに読むことができとてもやはりとても便利です。

本を買う目安としては、最初は月1冊にして、次は月3冊、その次は月5冊と徐々に増やしていくと続けやすくなります。もしお金がないようなら、図書館を利用したり、友人と回覧してもいいですね。

ジャンルは著名人の仕事術自己啓発書に加え、マネー歴史の本がおすすめですが、大切なのは読みやすい本と古典を両方読むことです。分からない言葉や難しい箇所は読み飛ばし、最初は理解できる箇所だけ拾って読んでも構いません。

また、書店では本を買えば無料、あるいは有料でも1000円ほどでビジネス書の著者のセミナーに参加できることがあるので、私はよく書店で行われている講演会にも行き、いろいろな方のお話を聞きました。その道の達人や人生の先輩から学ぶことは非常に多く、若くて迷いの多かった頃の自分にとって、たくさんの人生のヒントを見つけることができました。

こうした自己投資にかけるお金の目安は、手取り給与の10%程度と考えればよいでしょう。第3回で提案した手取り給与の25%の貯金と合わせると、将来への投資は結構な金額になりますね。初任給でお金が苦しいという人も、必要であれば貯金を減らしてでも自己投資を惜しまないことが大切です。特に、若いうちは自己投資を優先させるようにしましょう。30代よりも20代の方がこれから働ける時間が長いために、この時期の自己投資が長期的に大きな意味を持つからです。 20代は生涯稼げるお金の額を決める大切な時期。無駄な支出を省いて効果的に自己投資をすることで、"稼ぐ力"をしっかりつけていきましょう。

(2011.12.12)

■ ファイナンシャル・プランナー 花輪陽子(はなわ ようこ)
CFP認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士。日本FP協会「くらしとお金のFP相談室」2011年度相談員。元外資系の投資銀行勤務。現在は雑誌・新聞・テレビ・ラジオ出演や全国講演などを精力的に行っている。『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)、『夫婦で年収600万円をめざす!二人で時代を生き抜くお金管理術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など著書多数。日経マネー、日経ウーマンオンライン、CREA webなどで連載。
■Twitter:@yokohanawa ■公式サイト:http://yokohanawa.com/


関連キーワード:

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

お金の知識全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

    新社会人白書

    ピックアップ [PR]