同性に悩み相談! 男子学生がほしいのはアドバイスor共感、どっち? 約7割が…… 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

●共感がほしいだけ


・話すことで満足すると思うから(24歳/大学院生)
・一緒に共有したいだけ(21歳/大学4年生)
・共感してくれると不安が解消されるから(25歳/大学院生)
・重い相談はしたくない(33歳/大学院生)
・話すだけで整理がつく(23歳/大学4年生)
・アドバイスをもらったところで役に立たないと思うから(22歳/大学4年生)
・すっきりしたいだけだから(24歳/大学4年生)
・相手に話をしているうちにスッキリしてきてそれで満足するから(22歳/大学4年生)

約7割の男子学生が的確なアドバイスがほしいということでした。女性に比べて口下手な印象がある男性は、自分の中で十分考えてから誰かに相談すると言う人が多いようです。そのため、的確なアドバイスがほしいという意見が。

いかがでしたか? ただ聞いてほしいだけなのに、意見をどんどん言われると辟易してしまいますし、アドバイスがほしいときになかなか答えを得られないとイラ立ってきてしまうもの。悩み相談を受けるときは、その相談内容よりも、相手が何を求めているのかを考えながら聞くことが大切なのかもしれません。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年1月
調査人数:男子大学生72人
2

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催