「クレオパトラ」「天国の門」予算を掛けまくって大失敗した映画5選 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

■機関車を持ってこい! 『天国の門』

「あの家が邪魔だからどかせろ」と黒澤明監督が現場で言ったなんて話があります。映画監督の武勇伝というのは、こういうむちゃで豪気なものですが、この『天国の門』はそれをとことんやった映画です。

マイケル・チミノ監督は、この映画を撮るために西部の町を再現し、ちょっとしか映りゃしないのに当時の機関車を持ってこさせました。しかも監督はリテイクを繰り返します。最終的に突っ込んだ製作費は4,400万ドル。しかも映画の出来は散々で、アメリカでは1週間で興行が打ち切り。興行収入は製作費の10分の1にも満たない約350万ドルで、製作会社のユナイテッド・アーティスツは倒産しました(笑)。これは映画史に残る武勇伝です。

■日本初の本格SF映画のはずだったんだけど 『さよならジュピター』

『スター・ウォーズ』が世界的に大ヒット。日本だって負けちゃいられないというわけで、小松左京先生の企画を映画化したのが本作。日本SF界の才能がブレストに結集し、モーションコントロールカメラを使った撮影など、意欲作だったのですが……。

製作費に6億円ほどが投じられましたが、興行収入はいまいちで、映画の内容も各方面から突っ込みどころ満載な出来でした。一説によりますと、小松先生ご自身もいくばくかの借金を背負うことになったそうです。映画製作は怖いですね。

(高橋モータース@dcp)

2

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催