LINE Payに銀行口座を登録して、手軽にチャージをする方法

2020/08/24

お金の知識

キャッシュレス・消費者還元事業などの影響で、徐々に浸透してきているLINE Pay。チャージ方法が豊富なことも使いやすさの理由の1つとなっています。今回は、そのチャージ方法の中から、銀行口座でチャージする方法を解説します。
(2020年8月現在)

銀行口座をLINE Payに登録する

まずは銀行口座をLINE Payに登録します。

(1)LINEアプリを開き、右下の「ウォレット」をタップします。

(2)「+」ボタンをタップします。

(3)さまざまなチャージ方法が現れるので、今回は「銀行口座」を選びます。

(4)「新規口座の登録」をタップします。

既に銀行が登録されている場合には、このように「新規口座の登録」をタップすることになりますが、まだ銀行口座が登録されていない場合は、(3)で「銀行口座」を選択すると、すぐに次の(5)へ飛びます。

(5)銀行の選択画面に移動し、登録したい口座のある銀行を選びます。

上図の7つの銀行以外にも、地方銀行やネットバンクなどは、下部の50音順に並んでいるプルダウンリストから選択します。初めて銀行口座を登録する場合、銀行を選択すると利用規約が表示されます。内容を確認して「同意します」をタップし、(6)へ進みます。

(6) 登録したい銀行口座の内容を入力します。

スクロールすると住所の入力欄も現れますので、銀行口座に登録してある住所を入力します。

(7) 「次へ」をタップすると各銀行のページに飛びますので、ページの指示に従って口座振替の申し込みをします。

銀行口座からLINE Payにチャージする

では、実際に銀行口座からLINE Payにチャージしてみましょう。

(1) 「ウォレット」タブを選択し、「+」ボタンをタップします。

(2) チャージ方法の中から「銀行口座」をタップします。

(3) チャージしたい銀行口座をタップします。今回は「三井住友銀行」を選びました。

(4) チャージしたい金額を入力します。100円以上であれば、1円単位で金額を指定できます。決まった金額をチャージするときは、下部の「+1,000」などをタップすると簡単にチャージできます。

銀行口座からLINE Payにチャージできない場合の解決法

既に登録が完了した銀行口座からLINE Payにチャージできない場合には、銀行口座の残高不足だと考えられます。各銀行のアプリやATMなどで残高を確認し、残高不足の場合は銀行口座にチャージしたい金額以上の残高を入金します。その後LINE Payでもう一度チャージを行います。

まとめ

LINE Payにはさまざまなチャージ方法があります。銀行口座からのチャージは非常に簡単で誰にでも行えます。また、チャージ金額も1円単位で指定できますので、毎回使う分だけチャージしたい人にも最適です。

(学生の窓口編集部)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

お金の知識の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る