退職のあいさつ・スピーチの例文と退職祝いのメッセージ

2018/07/17

対人マナー

退職する人へのお祝いのメッセージ

会社を辞める人がいれば、残って送り出す人もいます。退職する人に色紙の「寄せ書き」をプレゼントすることもあるでしょう。寄せ書きのメッセージを書く際は、以下のような点を押さえておきましょう。

あまり大きく書かない

大きい字で書いてしまうと、残りの人がメッセージを書くスペースが狭くなってしまいます。寄せ書きに参加する人数を考えて、バランス良く書きましょう。書き始める前に、鉛筆書きでそれぞれのスペースを割っておくと良いかもしれませんね(後で鉛筆の線は消します)。

文字のバランスを考える

自分のスペースを確保したら、そこにきちんと収まるように書きましょう。色紙にいきなり書くのではなく、下書きを用意しておくといいでしょう。

自分の名前を書く

自分の名前を書き忘れると、誰からのメッセージなのかが分からなくなってしまいます。

他の人の書いたメッセージを汚さない

他の人が書いたメッセージの上に手を置くと、色紙が汚れてしまうことがあります。インクが乾いているか確認し、念のため手の下にティッシュペーパーなどを敷いて書くといいでしょう。

メッセージの内容

寄せ書きのメッセージは短めにまとめましょう。お世話になったお礼、ねぎらいの言葉、今後の活躍を祈る言葉を書くのが無難です。無理に面白い内容を書こうとする必要はありません。

上記のポイントを押さえた、退職する人へのお祝いのメッセージの例文は以下のようなものです。

退職祝いのメッセージ(例文)

・〇〇さん、今までお世話になりました。今後のご活躍をお祈り申し上げます。
△△△△

・長年ご指導いただき、ありがとうございました。〇〇さんの教えは後輩に引き継いでいきます。これからもお元気で!
□□□□

・在職中はいろいろとお世話になり、ありがとうございました。新天地でのご活躍を願っています。
▲▲▲▲

・長い間お疲れさまでした。近くに来ることがあったら連絡ください。また同期で集まって飲みに行きましょう!
■■■■



退職する理由は人それぞれですが、あいさつやスピーチにネガティブな内容を盛り込むべきではありません。トラブルがあった場合でも感謝の気持ちを伝えるだけにして、スマートに去っていきましょう。それが仕事のできる大人というものです。

(藤野晶@dcp)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]