社会人におすすめの副業10選! 注意点もチェックしよう【2018年最新版】

2018/08/08

お金の知識全般

多くの会社で、「本業がおろそかになる」などの理由から禁止していた従業員の副業ですが、関心もだんだん高まり、今では副業を解禁している企業も増えてきています。このように副業が注目されている中、「何か副業をしたい」「副業に挑戦したい」と考えている人もいらっしゃるでしょう。最近ではネットショップの運営やアフィリエイトなど、サラリーマンが副業として副収入を得る方法の種類も豊富です。そこで今回は社会人におすすめの副業を詳しく紹介していきます。

社会人におすすめの副業10選! 注意点もチェックしよう

副業が許されるならやってみたいと思いますか?

社会人におすすめの副業10選! 注意点もチェックしよう【2018年最新版】

はい 130人(43.5%) 
いいえ 169人(56.5%) 

やってみたい副業はなんですか?

■やってみたい副業はなんですか?

第1位「アンケートモニター」20人(15.4%) 
第1位「株式投資」20人(15.4%) 
第3位「LINEスタンプ販売」15人(11.5%) 
第4位「データ入力、テープおこし」10人(7.7%) 
第5位「マンション・賃貸物件オーナー」9人(6.9%) 

マイナビ学生の窓口調べ 
調査期間:2017年5月 
調査人数:社会人男女299人

社会人のみなさんに、副業が許されるならやってみたい仕事について話を聞いてみたところ、復調をやってみたいと考えている人は全体の43.5%でした。やってみたい副業としてはアンケートモニター、株式投資に人気が集まっていました。上記アンケート結果を含めて、社会人におすすめの副業を紹介します。

社会人におすすめの副業1アンケートモニター

社会人におすすめの副業1アンケートモニター

アンケート項目に回答するだけで収入になり、通勤時間や休憩時間にスマホで行えます。高単価であれば1件500円以上のアンケートもあり、隙間時間にできることもあって始めやすい副業とされています。実際に商品を試すモニター案件では、5000円〜10000円以上の案件もあります。大きい金額にはなりませんが、空いた隙間時間を使ってお小遣い稼ぎをしたい場合はおすすめです。

社会人におすすめの副業2 ライター

社会人におすすめの副業2 ライター

オウンドメディアやWebマガジンなどのための原稿を書くライターは常に求められています。ネットが使えるパソコンがあればまずは、クラウドソーシングサイトに登録してみましょう。ライターの案件はたくさんあるため、その中から自分が書けそうなものをピックアップして執筆していきます。
クラウドで募集されるライターのギャラは基本的に非常に安価ですが、専門知識が必要なものに対しては記事単価が上がることもあります。

社会人におすすめの副業3 土日プログラマー

社会人におすすめの副業3 土日プログラマー

あなたにプログラムの技術があれば、ぜひ空き時間でその技術をお金に換えるべきです。現在多くの企業でIT技術者の払底が問題になっています。案件はクラウドでたくさん募集されていますので、その中から自分に合ったものを選べばいいでしょう。お金を稼ぎながらプログラミングの技術力も向上させられるという一石二鳥の副業方法です。

社会人におすすめの副業4 プラモデルの制作・完成品の販売

社会人におすすめの副業4 プラモデルの制作・完成品の販売

自分の趣味・技術を生かした副業として、土日などの空いた時間でプラモデルを制作、その完成品をオークションサイトで販売してみるのはいかがでしょうか? 優れた作品には驚くほどの値段がつきます。デザインセンスと手先の器用さが求められますが、プラモデルは海外からの人気が高いため、高額な値段で売買されるでしょう。

社会人におすすめの副業5 アフィリエイトサイト・ブログの運営

社会人におすすめの副業5 アフィリエイトサイト・ブログの運営

広告収入を得ることを目的にアフィリエイトサイトやアフィリエイトブログをつくるのも空き時間でできる副業です。更新は毎日帰宅してから、本格的なサイト変更は土日などと切り分けるといいでしょう。
どうすればもっと訪問者を増やせるかなど工夫することがおもしろく、始めると意外にハマってしまう副業です。ただし「こうすればあなたのアフィリエイトサイトも成功する」といった、アフィリエイト商材を販売する業者のカモにならないように気を付けてください。

社会人におすすめの副業6 デザイン・イラスト制作

社会人におすすめの副業6 デザイン・イラスト制作

これもクラウドソーシングで多く募集されている業務の一つです。ロゴデザインやちょっとしたイラストを描く仕事など、さまざまなニーズがあります。ギャラ単価は安価なものが多いですが、イラストや描くことが趣味という人ならそのスキルをお金に換えてみるのはどうでしょうか?

社会人におすすめの副業7 治験バイト

社会人におすすめの副業7 治験バイト

新薬開発などで人を使ってその有効性を確認するために行われるのが「治験バイト」です。報酬が高めなのがポイントで、土日など短い日にちで行える案件もあります。ただし健康状態が条件に合う人でなければ参加できません。また薬の場合には副作用などのリスクがある場合もあるので申し込む前に事前に注意事項をよく読むようにしましょう。

社会人におすすめの副業8 警備員

社会人におすすめの副業8 警備員

警備会社に登録しておくと、「○月△日、□□の現場なんですが行けますか?」と連絡が入ります。土日だけ勤務するといったことも可能ですし、給料は高めです。土日も体を使って働くのがOKであれば、おすすめと言えます。
※警備員として警備のアルバイトを始めるには警備会社で研修を受ける必要があります。

社会人におすすめの副業9 引っ越し作業員

社会人におすすめの副業9 引っ越し作業員

現在、引っ越し業界で作業員が不足しているため、土日だけのアルバイトも高い時給で募集しています。休みの日に多めに稼ぎたいという人の副業におすすめです。ただし、作業終了が遅めの時間になってしまうことがあるので、その覚悟はしておきましょう。

社会人におすすめの副業10 投資

社会人におすすめの副業10 投資

余剰資金があるのであれば、株式・投資信託・債券などの金融商品への「投資」を副業とすることもできます。ただし、あくまでも「副業」と考え余剰の資金で行うのが正解です。生活に必要なお金まで突っ込むことのないようにしましょう。

副業で稼いだら確定申告! 住民税でバレる可能性あり!

副業を行ったらまず気を付けなければいけないのは「税金」です。

年間に20万円以上の収入がある場合には確定申告をしなければなりません。申告を行わないと脱税です。脱税にはかなり重い罰則規定がありますので、発覚すると大変なことになります。20万円以上稼いだ場合には、正直に確定申告しましょう。

また会社にバレないように、と心配するのであれば住民税に気を付けてください。確定申告を行えば、副業で稼いだ分の所得税は会社にバレないで納付できるでしょう。しかし、副業で稼いだ分には住民税もかかります。住民税は地方自治体の管轄で、国税管轄の所得税とは徴収主体が異なるのです。サラリーマンの場合には特別徴収といって、月々の給与から天引きされるシステムになっています。

つまり住民税をいくら支払っているのかは人事部の担当者が見ているのです。前年度の収入によって次年度の住民税が決まるのですが、税額はこうなりましたという文書「特別徴収税額決定通知書」は、地方自治体からその人が勤務する会社に送られます※。

副業で稼いだ分だけ住民税が高くなりますので、「あれ? A君はなぜ住民税をこんなに納付しているんだろう」と気付かれてしまうというわけです。

「特別徴収」をやめて、「自分で納付します」という「普通徴収」に切り替えればこのようなバレを防げますが、現在ではこの切り替えができないのです。ですので、住民税の納付額から副業が会社にバレることは、いつか起こると思っていなければなりません。

※会社(事業者)に送付されるのは「特別徴収義務者用」の税額決定通知書で、会社はこれを受けて5月31日までに納税義務者用の税額決定通知書を従業員に渡すことになっています。

ますます注目される副業事情。今回ご紹介した副業は、ネット環境とパソコン・スマホがあれば誰でもはじめるものもたくさんありました。副業を始めてみたい、挑戦してみたいと思っている人は、まずは隙間時間から始められる副業を始めてみてはいかがでしょうか。

(高橋モータース@dcp)

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

お金の知識全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]