歓迎会の挨拶のコツとは? 例文もチェックしよう

2017/11/24

社会人ライフ全般

歓迎会の挨拶のコツとは? 例文もチェックしよう

学校、サークル、会社など、新しい仲間を迎えるために歓迎会を開くことがあります。社会人の歓迎会は居酒屋でのコンパの延長ではなく、これからの心構えをアピールする場でもあります。今回は、歓迎会でどのような挨拶をすればいいのか、例文付きでご紹介します。

▼こちらもチェック!
知らないとマズイ?! 基本の飲み会マナーまとめ! 上座下座のルールとは?

■歓迎会の挨拶で押さえておくべきこと

歓迎会では、新しく入ってくる人を迎える側の挨拶、歓迎を受ける側の挨拶と、2パターンの挨拶があります。今回ご紹介するのは、会の主役として歓迎される新入社員の立場での挨拶です。この場合の挨拶には、以下のような内容を盛り込むといいでしょう。

●まず名乗る
まずは配属先と氏名をフルネームで伝えます。元気よく、はっきりと言えるようにしましょう。ぼそぼそと聞き取りにくい調子だと、名前を間違えて覚えられてしまうこともあります。

●歓迎会を開いてもらったことへのお礼の言葉
簡単で構いません。「本日は、私(たち)のためにこのような歓迎会を開いていただき、ありがとうございます」この程度で十分です。

●簡単な自己紹介
履歴書に書くような内容ではなく、自分がどんな人間なのかを知ってもらうための自己紹介です。「大学で〇〇をやっていたので〇〇です」など、補足のためにサークルや趣味のことを盛り込むのは問題ありません。

●今後の抱負
仕事のことはまだわからなくても問題ありません。これから覚えていく、わからなくても努力するなど、熱意があるというところをアピールするといいでしょう。

●結びの言葉
ごく一般的な言い回しで問題ありません。

新入社員としての歓迎会の挨拶の例文を見てみましょう。

次のページ歓迎会の挨拶の例文をチェックしよう

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフ全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

    新生活準備応援特集

    ピックアップ [PR]