世帯主の意味とは? 一人暮らしのときは住民票の項目にどう書くべき?

2018/05/22

入社準備

「世帯主」とは?


「世帯主」とは、「世帯の中心となる者」です(※)。また「世帯持ち」は「一戸を構えて独立の生計をたてること。また、その人。」を表します。ですので言葉の意味からは、親元から独立した生計を立て、1人暮らしをしている人は「世帯持ち」であり、「世帯主」ということになります。
※『広辞苑 第六版』P.1569より引用

▼こちらもチェック!
学生とはどう違う? 一人暮らし社会人の生活費の平均を計算してみた

法律上の「世帯主」はどのように定められている?


法律上はどうなっているのかといいますと、「国勢調査令」にその規定があります。国勢調査令は、「国勢調査」を行うための基本的な指針を定めたもの。そもそも「国勢調査」は、国勢統計作成のために「日本に居住している全ての人及び世帯」を対象として実施されるものですから、国(政府)が「世帯」「世帯主」をどう定義しているかを示したものといえるでしょう。


その「国勢調査令」第二条の第2・3・4・5・6・7項は下のようになっています。

第2項 この政令において「世帯」とは、住居及び生計を共にする者の集まり又は独立して住居を維持する単身者をいう。
第3項 前項の世帯と住居を共にし、独立して生計を営む単身者で、その世帯の家事又は営業のために使用されるものは、同項の世帯を構成する者とみなす。
第4項 第二項の世帯を構成しない者で次に掲げるものは、同項の世帯とみなす。
 一 第二項の世帯と住居を共にし、独立して生計を営む単身者
 二 ホテル、旅館、簡易宿泊所、下宿屋その他の営利を目的とする宿泊施設又は従業員のための宿舎に住居のある単身者
 三 前二号に該当しない単身者で住居を共にするものの集まり
 四 前三号に該当しない単身者
第5項 この政令において「世帯員」とは、世帯を構成する各人をいう。
第6項 この政令において「世帯主」とは、世帯(第四項第三号の規定による世帯を除く。)を主宰する世帯員をいう。
第7項 この政令において「世帯の代表者」とは、第四項第三号の規定による世帯を代表する世帯員をいう。

漏れのないように記述しなければならないため、ずいぶん長い文となっていますが、1人暮らしの人にポイントを絞ってみますと、要は、

●1人暮らしをしている住所で住民票を取得している人は、そこがあなたの「世帯」
●あなたの「世帯」がその住所で1人暮らしなのだから、「世帯主」はあなた

です。というわけで、親元から離れて1人暮らしをしている大学生のみなさんで、住民票をその一人暮らししている住所に移した人は「世帯主」です。ですから「続柄」を書く欄があったら「本人」と書けばいいことになります。

次のページ一人暮らしだけど住民票を移していない場合

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

入社準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]