「お世話になります」の意味と使い方 「お世話になっております」との違いは?【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

2018/02/19

電話・メール

「お世話になります」の意味と使い方 「お世話になっております」との違いは?

「お世話になります」「お世話になっております」という言葉は、ビジネスで頻繁に使う言葉ですよね。電話やメールなどの出だしの常套句としても使う言葉ですが、正しい意味や使い方を意識している人は案外少ないもの。そこで今回は「お世話になります」「お世話になっております」という言葉の正しい意味と使い方、使い分けの方法、言い換え表現についてご紹介しましょう。

▼こちらもチェック!
【例文つき】スグ使えるビジネス用語・カタカナ語80選! ビジネスシーンに頻出の用語一覧

■「お世話になります」の意味とは?

「お世話になります」のお世話には「面倒を見る」という意味以外にも「間に入って関係を取り持つ」「手間がかかる」という意味もあり、「就職先を世話する」「世話が焼ける」などのように使います。ビジネスで使うのは主に2番目の意味で、「お世話になります」とは相手に対し「いつもビジネスの関係を取り持っていただき、ありがとうございます」という、感謝の気持ちが込められた言葉。ですからビジネスシーンで相手への感謝の気持ちを表す表現として、特によく使われる言葉になっているのです。

■「お世話になります」はどんな場面で使う言葉?

「お世話になります」は、「間を取り持っていただいてありがとうございます」という意味ですから、すでにお世話してもらっている相手に対して使える言葉。既存の顧客や取引相手などに使える言葉です。ですので、今までやりとりがない、初めて顔を合わせる相手には「初めまして」など、初対面用の常套句を使うのが適切と言えます。
初対面であっても、会社同士ですでに取引があり、担当者が変わるといったケースなら「お世話になります」は使えます。取引開始が決定している相手も、すでに関係は結ばれているので「お世話になります」は使ってOK。使うシーンは、実際に会う時、電話、メールなどに使います。

■「お世話になっております」は「お世話になります」とどう違う?

「お世話になります」は「お世話になっております」など語尾を変化させたり、「大変」「平素より」などを付け加えることでバリエーションを持たせることができます。

「お世話になっております」の場合は「~している」という表現になるため、継続的に関係が続いている場合に使います。「お世話になります」の場合は前述の通り、担当者変更の場合など「今後、お世話になります」という意味で使うこともありますが、「お世話になっております」という表現は、すでに日頃から関係性がある状態の相手に「いつも、お世話になっております」という意味で使う、と考えればよいでしょう。

特別感や改まった感じを出したい場合は、「大変お世話になっております」「平素よりお世話になっております」といった表現を活用し、言い方を変えて使うようにしましょう。

次のページ「お世話になります」の使い方を例文で確認しよう

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]