若手社会人がびっくり! 親世代と今で「金銭感覚が違う」と実感した出来事4つ「車がステータス」

2016/12/06

お金の知識

時代によって、サラリーマンの平均年収には差があります。そのため、世代間ごとで、社会人の金銭感覚にも隔たりが出てきそうですよね。では、今の社会人とその親世代ではどれほどの差があり、その違いをどんな場面で感じているのでしょうか? 今回、社会人1~3年目の若手にアンケートをとって調べてみました。

▼こちらもチェック!
年収1,000万円以上の人に聞いた、生活の実態! 約7割が「贅沢」できない「リッチではない」

■「親世代と今で金銭感覚が違う」と実感した出来事はなんですか?

●車にお金をかける

・中古でも乗れればいいと思うけど親は高い金つぎ込んでた(女性/25歳/その他)
・親世代は車がステータスとなっていることがあると思う(女性/28歳/金融・証券)
・中古車などあり得ないという感覚(男性/26歳/機械・精密機器)
・車に価値を感じすぎ(男性/24歳/団体・公益法人・官公庁)

●飲み代のギャップ

・上司は高い店に行くから(男性/20歳/建設・土木)
・羽振りのよさが違う(女性/29歳/生保・損保)
・使い方が派手(男性/24歳/警備・メンテナンス)
・飲み代が5000円でも不満もないらしいから(男性/27歳/不動産)

●大人買い

・何枚も持っているエコバックをさらに購入している時や、少し高いお菓子などを購入しているところを見た時(女性/30歳/その他)
・アニメグッズをクレジットカードで買うこと(女性/24歳/食品・飲料)
・割引されなくも買い物をする(男性/33歳/建設・土木)
・値札を見ない(女性/23歳/情報・IT)

次のページこんな日常のワンシーンでも価値観の違いが!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る