マーケティングでよく聞くペルソナの意味とは? 知っておきたい使い方と例文【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/16

ビジネス用語

■ペルソナの具体的な例文


では、ペルソナの具体的な使い方をみていきましょう。

社員A「新商品のためのペルソナを来週の会議までに作っておいてください」
社員B「わかりました」

マーケティングにおいて、ブランドが顧客から共感されることが何よりも重要です。共感度が高ければ満足度、リピーター率が高くなります。首都圏在住の40代、というような大きなくくりでは、よほど広い層に受け入れられるものでなければ共感を生むことはできません。そこでペルソナの設定が重要になるのです。

社員A「この商品のデザインはペルソナを意識して」
社員B「上品で落ち着いた雰囲気ですね」

ペルソナを設定すると、誰に対する戦略なのかはっきりしているので、細かく指示を出す必要もなくなります。現場の効率化にも役立つのです。

マーケティングにおいてペルソナの設定は重要です。マーケティングに関わる場にいれば、自然とペルソナという言葉を耳にすることが増えますが、ペルソナは単なるターゲットモデルではなく、その人の生活がイメージできるほど細かく設定されているのが特徴であることを覚えておきましょう。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る