マーケティングでよく聞くセグメントってどういう意味? その意味とビジネスシーンでの使い方を例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/15

電話・メール

社会人になって、「セグメント」という言葉を耳にする機会が増えた人もいると思います。セグメントとは「segment」という英単語からきたビジネス用語で、ビジネスシーンでもマーケティング分野の戦略構想時や、経営及び会計分野でよく出てくる言葉です。使われる場面によって微妙に意味合いも異なってくるので、シーンに合わせて理解できるようになっておきましょう。

▼こちらもチェック!
例文つき!ビジネスで使う「スキーム」の意味と使い方【スグ使えるビジネス用語集】

■セグメントの意味

セグメントの意味は、英語では「断片」「一部分」という意味です。ビジネスでは、ある分野や市場において、特定の基準をもとに細分化または分割した、一つ一つの要素のことを指します。一部というと「part」という単語もありますが、セグメントの場合は、常に全体の中の一部として捉えられ、もとになる軸に関わっていることを意味しています。

■セグメントの使い方

マーケティングの分野において、市場や顧客の分析を行う際に、ある特定のことに関わるものや人の「趣向」「地理的条件」「フィールド」「人口変異状況」など、何らかの基準で区分することをセグメンテーションといいます。そして、その一つ一つの要素がセグメントです。

経営や会計の分野では、財務の状況を企業内の「事業別」「部門別」「地域別」などに分け、そこからみてくる詳細の情報のことをセグメント情報と呼びます。多角的な事業に取り組んでいる大企業は、WEB上に事業別のセグメント情報を開示しているところもあります。

次のページセグメントの例文をチェック!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]