春休みの出費を抑える! ちょっとの工夫でできる交通費節約法3つ

2016/03/01

貯金・節約

暖かく開放的な気分になりはじめる春は、お財布の紐もゆるみがち。レジャーや飲み会など楽しいイベントが続く分、抑えられる出費はできるだけ抑えたいですよね。そんなときに見直すべきは、意外にも交通費かもしれません。「交通費なんて削れなくない?」と思っている人必見のカンタン交通費節約方法をまとめました。



■よく行く場所へは回数券を活用!

定期を買うほどではないけれどよく行く場所がある人は、回数券を買うのがお得です。割引率は会社によって異なりますが、少なくとも1回分はタダになるものがほとんど。ただし、回数券には有効期限があるものも。利用頻度と有効期限をしっかり確認してから購入しましょう。また、JRや大手私鉄などでは通常の回数券のほか、使える時間帯が決まっている「時差回数券」や休日のみ使える「土日回数券」なども。利用の際は無理なく使い切れる回数券を選びましょう。

■調べてみたら意外とあるかも? 無料周遊バス

観光が盛んな地域では観光用の無料周遊バスが出ている場合があります。これを使わない手はありませんよね。こうした無料バスは観光客に人気のメジャーなスポットを押さえているので、休日に遊びに行く場合などに便利。都内であれば浅草の「パンダバス」やお台場を周遊する「東京ベイシャトル」のほか、「丸の内シャトル」、「メトロリンク日本橋」などがあります。みなさんもお出かけ前に調べてみてください。

■節約したいなら一途に? お得な切符

定期券とも回数券とも違う「お得な切符」もうまく活用すれば交通費の節約につながります。これは「1日乗車券」のようなもので、JRや東京メトロなど利用する会社を1つに限定することで、どれだけ乗っても定額で利用できるという仕組み。つまり他の会社に「浮気」しなければ、お安く利用できるというものです。「ひとつなんて選べない……!」という浮気性なあなたにも、「東京メトロ+都営地下鉄」など複合型でお得な切符もあるので安心してください。

いつもの習慣からかどこに行くときも何気なくICカードを「ピッ」としている人は多いのではないでしょうか。しかし、ちょっとの手間と工夫で交通費は大幅に節約できるものです。電車に乗る前に、ひと呼吸置いて考える余裕が支出カットへの近道かもしれませんね。

(佐々木ののか+プレスラボ)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]