ß

英文ビジネスメールを磨く! スキルアップ法

2012/06/28

電話・メール

■送られてきたメールから学ぶ

送られてきたメールも大切です。基本的なことや一般的はことは本やさまざまな例文から学べますが、働いている業界や会社特有の言い回しや専門用語は探してもなかなか見つからないのが現状です。

それを学べるのが、すでにやり取りされているメール。報告書や会議の名称、関係する団体名、多岐に渡る仕事内容。また、省略されている言葉にも注目したいところ。業界によっても異なる場合がありますが、例えば輸送に関する業界では「ETA」の「Estimated Time of Arrival」がよく使われますし、商社では「PO」「Purchasing Order」などよく見ますね。これらの表現を的確に効率よく学べるのが実際にやり取りされているメールです。

■本を利用する

英語関連コーナーが充実している本屋に行けば、英文ビジネスメールの本はたくさん出ています。それらを一冊手元に置いておくのもいい案です。書籍にもよりますが、大抵は丸覚えするためのものとしてではなく、必要なときに調べて使えるものとして扱った方がいいですね。

そのためには、書きたい文章が探しやすくなっているものを探しましょう。目次のページも大切ですし、英語や日本語の索引などあるともっと使いやすいとのではないでしょうか。いくつか書きたい内容を想像いて、試しに調べてみるといいですよ。目的の例文に早く的確にたどり着ける本を探しましょう。

■添削サービスを利用する

最後に、ある程度書けるようになったら、添削サービスを利用するのもいいでしょう。コロケーションの微妙なズレや、伝えたいニュアンスの差などを自然に身に付けるのは時間がかかってしまいます。そういう時は、添削サービスやプライベートの講師を利用して、軌道修正をしていくこともさらなるスキルアップの近道になります。

=======

今後、どんどん伸びていく英語の必要性に対応できるよう、今のうちに先取りして準備しておきましょう!


文●宇多 藍子(ウダ アイコ)

AllAboutプロファイル ビジネス英語講師
http://profile.allabout.co.jp/pf/aiko-uda/

UNIVAST Education 代表取締役
クライエントの皆さんの「わかった!通じた!使えるようになった!」を大切な3本柱として英語レッスンや研修を行っています。個人レッスンや英語学習のプライベートコーチングのほか、NECなどの大手企業で英語研修を行うなど、様々な分野での英語教育に携わっています。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る