ファッションのプロに聞く、「失敗しない服の買い方」

2011/10/29

身だしなみ・ビジネスアイテム

■試着せず、鏡で合わせるのみでもサイズ選びに失敗しないコツは?

買い物するとき、Tシャツなどは試着せずに鏡の前で体に合わせるだけになることが多いです。この場合、どんなことに注意したらいいですか?

「鏡の前で合わせるときに、自分の肩のラインよりも下で合わせてしまうと、実際よりも丈を長く感じてしまい、着たときに『あれ? 思ったよりも丈が短い』なんてことになりがち。試着せずにTシャツなどを体に合わせるときは、シャツの肩のラインを、自分の肩にきちんと合わせましょう。また、誰かと一緒の場合は、袖のついている肩の端と端を持ってもらい、背中にも当てて、サイズが合っているか見てもらいましょう」

一人で買い物をしているときは、店員さんに見てもらうといいですね。

■ひとことアドバイス

「試着できないため、失敗しやすいのがネットショッピング。購入するときは、まず自分の体の寸法を測ってからそれに合うアイテムを購入してください。ただし、ジーンズなどのパンツ類はお尻の厚みによって丈が短くなることがあるので、それを踏まえた上でセレクトしましょう」

これまでは自分に似合うかどうかより、なんとなく好きな色や柄だから......という理由で服を選んでいました。失敗しないためにも、まずは自分に似合う色や体のサイズを知ることからはじめたいと思います。

(栗本千尋+プレスラボ)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る