消防士に聞く!「非常時のテンパり解消術」

2011/03/06

対人マナー

やることが山積みなのに、ミスばかり連発してさらに仕事が増えていく! 目の前に問題が重なり、何から手をつけたらいいのか分からず、ひたすらテンパってしまうことってありますよね。そんなとき気持ちを落ち着かせるためにはどうすればいいの? 誰か教えて!

▼こちらもチェック!
こんなミスにご用心!「仕事でやりがちな失敗」診断

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、「救助隊員の甲子園」とも呼ばれる全国消防救助技術大会の県大会で優勝経験を持つ、消防士の山城さん(仮名)。予想外のことばかり起こる消防士のお仕事から、日常にも活かせそうなテンパり解消術を学ぼうと思います!

■焦らないようにするために実践していること

火災現場は一刻を争う緊急事態ですよね。そんなときはどうやって冷静さを保っているのですか?

「私は、主に次のようなことを実践しています。

【まずは深呼吸】

お腹まで息を吸って、ゆっくり長く吐く。これで、気持ちを落ち着かせています。

【単独行動をしない】

一人になると視野が狭くなったり、心細さから無駄に焦ってしまうので、消火活動はだいたい二人組になって行動します。特に新人のころは、頼れる先輩やベテランの上司など、自分が特に信頼できる人と行動するようにしていましたね。

【声を掛け合う】

消火活動中は隊長の指示をしっかり聞き、自分の状況をこまめに報告します。周りと常にコミュニケーションを取り合っていれば、冷静に自分のやるべきことが見えてくるはずです」

冷静でいるためには、心臓と気持ちが加速しないようにするのがポイントですね。

私はよく、「やることがいっぱいある!!」と一人でテンパってしまうのですが、そんなときはどうしたらいいのでしょうか。

次のページテンパってしまったときの対処法とは?

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]