付き合ってないのに......思わず引いてしまった異性の「恋人気取り」な言動「男友だちに嫉妬」「まさかの恋人宣言」

更新:2017/07/05

社会人ライフ

●恋人宣言

・「俺の女」と言われ「は?」と思った(女性/31歳/事務代行)
・たまたま2人で歩いていた時、向こうの知り合いに遭遇して「彼女?」と聞かれ、否定しなかった。そこは否定しろよ、と思った(女性/27歳/金融・証券)
・テレビ関係の女友だちに「恋人として番組に出て」と言われた。ドン引きした(男性/46歳/クリエイティブ)

周囲に「付き合っている」と勝手に宣言!? そんな嘘をつかれるなんて、こっちは大迷惑ですよね!

●気分はすっかり恋人

・その人が自宅に来るたびに、部屋にその人の私物がなぜか増えてる。なんか怖い。占領されてく恐怖(男性/31歳/商社・卸)
・いきなりペアカップを渡されたとき。ペアカップを渡されるということは、家に来る気まんまんと怖くなったので(男性/44歳/情報・IT)
・体調を崩したときに、休日なのに食事を自宅まで持ってきた。さすがに家にはあげなかった(男性/32歳/機械・精密機器)

すっかり恋人気分で、カップルのような行動をとる人も。油断していると、いつの間にか付き合っていることになっているかも!?

いかがでしたか? 恋人でもなんでもない人から、束縛されたりべたべたと触られるのは、ただただ迷惑ですよね! 曖昧な態度をとるとさらにエスカレートする可能性もあるので、迷惑と感じた際は、はっきり「NO」と意思表示をした方がよさそうです。皆さんも「恋人気取り」の被害にあわないよう気をつけましょう!

文●ロックスター

調査時期:2015年5月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:社会人男女437人(インターネットログイン式)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]