女はスイーツ、男はスポーツイベント?! 仕事・プライベートでの誘いを「断らせない」テクニック8つ

2015/05/18

社会人ライフ

■女はスイーツ、男はスポーツイベント!

・女子が好きなケーキバイキングに誘ってみたら、意外と簡単にOKしてくれた(男性/32歳/電力・ガス・石油)
・女の子はスイーツを出すといいとアドバイスしたことがある(女性/32歳/食品・飲料)
・相手の好きな食べ物で釣るとうまくいく確率がかなり上がるということは実感している(男性/50歳以上/学校・教育関連)
・野球に興味ある人なら、チケットを見せる(女性/36歳/学校・教育関連)

女性ならスイーツ、男性なら映画やイベントのチケットを用意するとかなりの確率で来てくれるという「奥の手」。確かに両方とも普段から気になっても、きっかけがないとなかなか行けないという意味では良い誘い方かもしれませんね。

■ちょっとしたテクニック?! そのほかの意見

・だいたい何時くらいにお開きになるかをさらっと言って拘束時間がそんなに長くない印象を与えて誘う(女性/32歳/商社・卸)
・「話しておきたいことがある」あるいは「相談したことがあるがこの席ではちょっとまずいので」と言って誘う(男性/50歳以上/学校・教育関連)
・もう予約しちゃったんだ、とか予約したお店の特長や、行ったらこういう特典があって楽しい、というメリットをズラズラと語る(女性/31歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

みなさん、やはり色々なテクニックを駆使して人を誘っていることがわかりました。ここまでされると、誘われる側も断れなくなりそうですね。

さらに、今回は、相手が片思いの相手で断られても食い下がって成功した例をあげてもらいました。

■片思いの相手(男性編)

・一目惚れした後輩を何度もデートに誘って断られていたが、大のサッカーファンだと知って天皇杯のチケットを買って「一緒に行こう」と誘ったらOKされた!(男性/22歳/学校・教育関連)
・デートと言う言葉を使わず、普通に遊びに行こうと誘って成功した(男性/35歳/情報・IT)
・取引先の女性営業さんをデートに誘った際に、来てくれたら契約すると伝えたらOKだった(男性/42歳/電機)

■片思いの相手(女性編)

・相手が好きな映画に誘った(女性/28歳/建設・土木)
・仕事を手伝ってくれたお礼にと、気になる人と食事に行ったことがある(女性/31歳/ソフトウェア)
・職場の後輩に対して。どんな生活をしているのか、何が好きなのかをさりげなく聞き出すのを日常とし、ある時に「こんなイベントがあるんだけど興味あるかな」という感じで言ったところ、むしろノリノリで乗ってきてくれた(女性/31歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

男性は、少々メリットをちらつかせながら、強引に押すことが多いようです。対して女性は、誘う前に相手のことをさりげなくリサーチして、好みのものをちらつかせるという作戦で成功することが多いようですね。傾向が似ていることから「成功の方程式」といえるのかも知れません。

いかがでしたか? 幹事役からデートのお誘いまで幅広いお誘いの成功例をあげてみました。「多めに候補日をあげる」「イケメン・美女を用意する」「女子ならスイーツ」「男子なら人気イベントチケット」を用意するなど何らかのコツがあるようですね。みなさんもぜひ参考にしてみてください。

文●もにょるん

調査期間:2015年2月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象件数:社会人男女 403件(ウェブログイン式)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]