「『はい』と言ってやらない」「職場でねずみ講」......「こいつはひどい」と思った新人エピソード

2015/03/27

社会人ライフ

■話しかた・言葉遣いが下手!

・職場の理事長に対しても、学生気分が抜けきらない態度。お茶を出すときに「超熱いので気をつけてください」と言ったりしている(女性/26歳/金融・証券)
・詐欺師みたいな話しかた(女性/35歳/医療・福祉)
・言葉使いが下手くそ(女性/27歳/医療・福祉)

敬語の使い方や若者言葉の乱用についても指摘が多かったです。やはり、長年社会人をしている人にとってまだまだ学生気分の抜け切らない態度で話しかけられるのは気になるようですね。

■態度がデカい

・ものを作らせたら間違いだらけで、それを指摘しても一切謝らず、「ああそうですか。で?」という態度をとる(男性/36歳/機械・精密機器)
・他部署の新人にミスを指摘し、書類を訂正するように伝えたら「じゃあ直します」と言ってその書類をこちらが取りに来るよう言われた。あまりにひどすぎてあっけにとられた(女性/29歳/団体・公益法人・官公庁)

上下関係をまったく分かっていないパターン。余計な手間をかけていることを全く悪びれていない様子が、かなりカチンと来てしまっている先輩も多いようです。

数々の信じられない実態が報告された新人エピソード。単に仕事ができない・ミスをしてしまうだけでなく、仕事に対する姿勢があまりにテキトーだったり、偉そうだったりすると指導する側もイラッときてしまうようですね。みなさんの周りの新人にも当てはまるものはありましたか?

文●タカハシダイスケ

調査時期:2015年3月 
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:社会人男女355人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る