LINEでの告白はアリ? ナシ? 大学生の78%が「ナシ」と回答。その理由は?

2014/10/31

恋愛

LINEでの告白はアリ? ナシ? 大学生の78%が「ナシ」と回答。その理由は?

今や若い人たちの連絡手段として主流となった、LINE(ライン)。友人との連絡はもちろん、片思いの相手や気になる異性とやりとりしている人も多いのでは? 異性と距離を縮めるにはもってこいのLINEですが、最近は告白までLINEで済ませてしまう、というケースも増えているようです。LINEを使用している大学生240人を対象に、LINEでの告白についてどう思うか調査しました。

▼こちらもチェック!
あり得ない! 「絶対にいける!」と思った展開で振られた経験はある?

Q.LINEでの告白はアリ?ナシ?

・アリだと思う 53人(22.0%)
・ナシだと思う 187人(78.0%)

なんと78%の人が「LINEでの告白はナシ!」と回答。では、なぜNGなのでしょうか。その理由をみてみましょう!

LINEでの告白はナシだと思う理由は?

■本当に好きなの? 気持ち伝わらず

・覚悟が感じられない(男性/25歳/自動車関連業界内定)
・口で伝えないのは、臆病に感じるし、逃げなのではないかと思う(男性/24歳/食品・飲料業界内定)
・手軽に告白された印象を受ける(女性/22歳/人材派遣・人材紹介業界内定)

せっかく勇気を出して伝えた想いも、「どうして直接じゃなくてLINEなの?」と、あまり良い印象を持たない人もいるようです。

■直接会って、言葉で聞きたい!

・ちゃんと目を見て告白してほしい(女性/21歳/情報・IT業界内定)
・やっぱり気持ちは直接聞きたい! 直接言われるのには勝てない!(女性/21歳/学校・教育関連業界内定)
・大切な気持ちは、きちんとお互い顔が見える状態で伝えてほしい(女性/22歳/建設・土木業界内定)

女性に多かったこの意見。好きな人からの告白ならば、やっぱり直接会って聞きたいものですよね!

■大切なことだからこそ

・メールにしろLINEにしろ、大切なことは面と向かって話すべき(男性/23歳/ホテル・旅行・アミューズメント業界内定)
・大切な気持ちは目を見て言うべき(男性/23歳/その他業界内定)
・告白のように大事な事は、しっか顔を見て伝える事が重要だと思う(女性/20歳/ホテル・旅行・アミューズメント業界内定)

自分の想いを伝える一大イベント。大切なことだからこそ、しっかり顔をあわせるべき、というコメントは男性に多く見られました。

■からかってる? 成りすましが怖い!

・LINEだと、本当に本人が言っているのか疑わしい部分が大きい(女性/23歳/医薬品・化粧品業界内定)
・なりすましの可能性もあるし、本人かどうかわからない(女性/21歳/情報・IT業界内定)
・相手の顔が見えないので、気持ちを読み切れずに、ぞんざいな態度をとってしまったり、勘違いを引き起こす原因にもなりそう(女性/22歳/建設・土木業界内定)

意外と多かった「なりすまし」に関する意見。顔が見えないことから、違う人が操作して、からかっているんじゃないかと不安になる人も多いようです。

■画面上だと心に響かない

・LINEに関わらず、携帯の画面で気持ちが伝わるとは思わない(男性/24歳/団体・公益法人・官公庁業界内定)
・通話機能での告白はアリだけど、文字だけは気持ちが通じないと思う(男性/23歳/電機業界内定)
・LINEの文面だけではあいまいで、告白の緊張感など伝わりにくく、心に残らないと思う(女性/21歳/金融・証券業界内定)

直接の告白だと、告白をされる側も、相手のドキドキ感が伝わってきますよね! それがないのは少し残念かもしれません。

勇気をだして想いを伝えても、LINEだと不満に感じる人は多いようです。一方で「LINEでの告白はアリ」と答えた人たちからはこんな意見も。

・上手く気持ちを伝えられるならLINEでもいいと思う(女性/21歳/サービス業界内定)
・告白の仕方が判断基準にはならないので(女性/21歳/小売店業界内定)
・LINEでの告白のあとに、また直接言ってくれるのならアリだと思う(女性/21歳/金融・証券業界内定)

自分の気持ちを言葉で表現することが苦手な人は、文章の方が、より想いが伝わるかもしれません。また「LINE+直接の告白」は、いい作戦ですね! 思い出として見返すことができるのも、LINEのいいところではないでしょうか。

とっても便利なLINEですが、「告白」という重要な場面では力不足な面が否めないようです。せっかく思いを伝えるのですから、LINEで楽しくやりとりしていても、最後はびしっと対面で決めたいですね。

文●ロックスター

調査時期:2014年10月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:大学生内定者500人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]