3位「旅行の写真」2位「ノロケ話」......1位は? SNSで「いいね!」をためらう友人の投稿

2014/10/01

社会人ライフ

3位「旅行の写真」2位「ノロケ話」......1位は SNSで「いいね!」をためらう友人の投稿

FacebookなどのSNSに投稿したとき、気になるのが「いいね!」の数。全然「いいね!」がつかないと「微妙な投稿だったかな......」と落ち込んでしまうことも。人はいったいどんな投稿だと「いいね!」をしたくないと感じるのでしょうか、社会人男女500人にアンケートで聞いてみました。

▼こちらの記事もチェック!
あなたの投稿は大丈夫!? 実は不快感を与えているSNSの投稿5選

■SNSで「いいね!」したくない投稿TOP5

1位 自撮り写真(20.6%)
2位 恋人についてのノロケ話(17.6%)
3位 旅行に行った時の写真(11.6%)
4位 料理や食べ物の写真(10.0%)
5位 仕事やプライベートの愚痴(9.8%)

圧倒的に不人気なのは、撮影する自撮り写真。次にノロケ話が続きました。続いて、なぜ「いいね!」したくないと思うのか、聞いてみました。

■自撮り写真は「見ていてこっちが恥ずかしい」

・ナルシストのように感じてしまい、見ていて恥ずかしい(女性/26歳/商社・卸)
・自分で写真を撮っているところを想像すると切ないから(女性/31歳/情報・IT)
・「私キレイでしょ」「キレイだとほめて! 」と言ってるようでみっともない(女性/32歳/小売店)
・自撮りする人は自意識過剰な気がする(女性/30歳/機械・精密機器)

手厳しい意見が目立ちますね。SNSにアップするためにわざわざ何度も撮り直しをしている場面を想像すると、「イタい」と感じてしまうのでしょうか。

■「わざわざ公開すること?」と疑問なノロケ写真

・独り身からすると嫉妬の対象でしかない(女性/25歳/金融・証券)
・二人の間だけですればいいのでは。別れたらどうするんだろうと思う(女性/24歳/電機)

ラブラブ感を見せつけられると「はいはい。リア充アピールね!」と冷めてしまう人も少なくないようです。とくにクリスマスシーズンを控えたこの時期、恋人がいない人にとっては見たくもない投稿なのかも。

■旅行の写真は「羨ましさしかない」

・羨ましがらせるために、自慢しているとしか思えない(女性/25歳/建設・土木)
・人がどこに行こうと興味がないので「いいね!」もしない(女性/28歳/建設・土木)

忙しくて休みが取れなかったり、恋人が旅行嫌いだったりすると、なかなか旅行へ行くこともできず、写真を見てストレスがたまる人もいるのかもしれませんね......。

■料理の写真は「ありふれている」

・他人が食べた料理が何であろうと興味がわかない。また、食べた後のお皿の写真などは、汚すぎて見たくもない(男性/30歳/マスコミ・広告)
・誰もがやりがちな投稿なのでうんざりする(男性/34歳/団体・公益法人・官公庁)
・自己満足の世界だと思う(男性/43歳/建設・土木)

よほどインパクトのある食べ物でない限り、「いいね!」が付きづらくなっている食べ物の写真。一緒に人が入っているような写真であれば「つまらない写真」とは思われにくくなるかもしれませんね!

■賛同できないような愚痴は評価が低い

・愚痴の投稿はその人のストレス発散の方法としてはいいかもしれないが、それに賛同を得ようとするのはどうかと思う(女性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・ネガティブ発言に「いいね!」はおかしい(女性/26歳/電機)

マイナスな投稿に対しては「いいね!」しづらいとの声が目立ちました。できれば心の中にとどめておけるようにしたいですね。

SNSはもはや公共の場のひとつ。自分の投稿を見て人はどんな気持ちになるのか、投稿する前に今一度考えてみると、不快な気持ちにさせずに済むのかもしれませんね。

調査期間:2014/9(フレッシャーズ調べ)
調査対象:社会人男女
有効回答件数:500件

文/池田園子+プレスラボ

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る