Facebookをやらない人は怪しい!? その理由とは

2014/08/01

付き合い・人間関係

Facebookをやらない人は怪しい! その理由とは

世界的に流行っているFacebook。ここ数年、日本でもFacebookの利用者が増えてきました。

Facebookは実名登録であることから、またプロフィールに本人の顔写真を載せることを基本としていることから日本人には合わないSNSだと当初言われていました。実際に数年前まで日本におけるFacebookは、若い人や海外と接点を持っている人を中心に「限定的」に流行っていた印象です。でもいつの間に高齢者や海外との接点を持たない人の間でも自然に広がりました。そんなこんなでFacebookは日本でも登録者数がかなり多いのですね。

▼こちらもチェック!
フェイスブックに投稿して「自己アピール」だと思われてしまうこと

さて、そんな日本でも大流行のFacebookですが、パーティーなどに行くと、意外や意外「ボクはFacebook、やってないんですよ!」という人に会ったりします。そしてズバリ筆者はそういう「Facebookをやっていない人」を怪しいと思っていたりします。

もちろん、本人がアナログ志向だったり、山にこもって植物とお話しするのが好きだったり、または堅い職業に就いていて仕事柄Facebookの使用が難しい人の場合は別(怪しいとは思わない)なのですが、「パーティーやイベントなどに頻繁に顔を出すイケメンの男性で、雰囲気も社交的、友達も多いタイプの男性」が「オレ、Facebookやってないんっすよ〜」と言ったりすると、即「怪しい」と思います。

たとえば恋愛において二股三股をしている人がFacebookを使用していたら、当然「複数の彼女がいる事がバレてしまう可能性」が高くなるわけです。デートした女の子に「今日は楽しかったね」とウォールに書き込まれてしまえば、その男性と交際中の別の女性にバレてしまいます。また、「今日は夜中まで仕事」と言ってデートをキャンセルしたのに、別の女性とイベント等に出かけた写真を「タグづけ」されてしまえば、もう後の祭り。そう、今までは「なんとなく隠し通せたウソ」がFacebookによってバレやすくなっているのですね。

浮気男や二股三股男はこういったことを本能的(?)に察してか、または過去のイタイ経験からか、Facebookの使用には非常に懐疑的です。そういった背景から「Facebookのアカウントを持たない」または「アカウントを持っていないと主張する」男性がまれにいるわけです。

もしも、イケメンで会話上手、社交的でパーティー好きな男性から「オレ、Facebookは嫌いでやってないんですよ」と言われたら、女子は注意したほうが良いかもしれません。本来、パーティーの日時や場所等を連絡する際にFacebookは非常に便利です。そう、Facebookは連絡作業にはもってこいのツールですので、パーティー好きでありながら「FBをやっていない」というのは何だか辻褄が合わないのですね。

ちなみに恋愛以外の分野でもFacebookをしていない人は怪しい場合があります。犯罪に手を染め警察に目をつけられている人、人には絶対にバレてはいけない詐欺商法に加担している人......それらの人たちは(頭がよければ)Facebookのアカウントは持たないでしょう。

こういった理由から、Facebookを頻繁に使用しないというのならまだしも、アカウントさえ持たない人は怪しいと筆者は思っていたりします。もちろん冒頭に書いたアナログ人間やお堅い職業の方々の場合は別ですが。

近年、個人情報の流出が問題になっていることからFacebookを怪しむ声もチラホラ聞こえてきますが、よく考えてみるとFacebookから「個人情報流出が怖いから」などの建前で距離を置き二股三股をしようとしている男性が一番怪しいのかもしれません。

サンドラ・ヘフェリン

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]