「先輩の秘密をうっかりしゃべって険悪に......」口の軽さが招いたトラブル

2013/12/10

付き合い・人間関係

「先輩の秘密をうっかりしゃべって険悪に......」口の軽さが招いたトラブル

あなたは出会ったことがありますか? 「誰にも言わないでね!」と言って秘密を教えても、すぐに周りにしゃべっちゃうような、極端に「口の軽い人」。信用して話したのに、秘密をバラされて憤慨! なんて思いをした人もいるのでは? もしくは、あなた自身が口の軽い人だったりして!? 読者にこんなアンケートを採ってみました。



Q.あなたは自分を「口が軽い」と思いますか?

はい 8.0%

いいえ 92.0%



アンケートによると、8%の方が「口が軽い」と自覚しているという結果に! さらに話を聞いてみると、どうやら、その口の軽さが災いしてトラブルになってしまったこともあるようです......。



●口は災いのもと! 口の軽さが原因でこんなトラブルに!



「先輩に言うなと言われたことを、つい他の人の前で口走ってしまい険悪な雰囲気になってしまった」(男性/24歳/電機内定)



よりによって先輩の秘密をバラしてしまうとは。「つい」なんて言っても許されませんよ!



「高校生の頃、ウワサが広まるとたいていその発信源が私だとバレてしまい、『口が軽い』というイメージが定着してしまった。口が軽いというイメージが広まると、誰も重要な相談や秘密を話してくれなくなってしまうので、やめたいと思う」(女性/22歳/機械・精密機器内定)



相当しゃべりまくっていたのでしょうか......。しかし、誰にも相談されない人になってしまうなんて悲しすぎます!



「小学生の頃、友達に好きな人を教えてもらった。別の友達1人だけに『秘密だよ』と言って教えてしまったところ、次の日には全学年に広まっていて二人と喧嘩になった」(女性/23歳/団体・公益法人・官公庁内定)



好きな人をバラした・バラさないって小学校あるあるですよね。このお友達も、しゃべる相手を完全に間違えてしまったようです。



「表情が暗い人に対して『暗いね』と言ってしまい(個人的には明るくなってほしかった)、言い合いになってしまった」(男性/24歳/プラントエンジニアリング内定)



この方は思ったことをすぐに口に出してしまうタイプの口軽さんのようです。一度頭の中で考えてから言葉に発するのがオススメです。



「私しか知らないことだとは知らずに、友人Aがズル休みして遊びに行ったことを友人Bに話してしまった。それにより友人BはAに対して不信感を持つようになり、AとBの仲が悪くなってしまった」(女性/25歳/医療・福祉内定)



ポロッと言ってしまったがため、友人同士が仲違いするはめに。それなのに秘密をバラした張本人は、無傷だったようです。うーん、これはひどい!(笑)



人の秘密をバラすとろくなことにならないってことがよくわかりました。口の軽い人に、「なぜしゃべってしまうのか?」と尋ねたところ、「おしゃべり好きだから」「虚栄心が強く、自分が知っていることを相手に自慢したいという気持ちを持ってしまうため」「話した相手は秘密を守ってくれるだろうから」「知ったことは誰かに伝えたいから」などなど。とてもじゃないけど、どれも納得できる理由ではありませんね!(笑) 



また、そんな自分をどう思っているかについて聞いてみると、「できればやめたいと思う」という意見が圧倒的多数! わかっているけど、やめられないって感じなのでしょうか? いやいや、気をつけてくださいよ! とはいえ、かくいう筆者も、実は口の軽さはヘリウムガス級......。このトラブル事例集を見て、自分を戒めようと思います。



文●中村未来(清談社)



調査期間:2013年10月

アンケート:フレッシャーズ調べ

集計対象件数:学生361件(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]