「決め角度」と「口元」がポイント。女子アナが教える!「一発勝負の写真撮影で、美しく写真に撮られるコツ」

2013/12/03

付き合い・人間関係

「決め角度」と「口元」がポイント。女子アナが教える!「一発勝負の写真撮影で、美しく写真に撮られるコツ」

いまやデジカメやスマートフォンで、気軽に写真を撮ることができるようになりましたが、自分が映った写真を見て、あまりの映りの悪さに「消して! いますぐ!!」と言いたくなってしまったことはありませんか?

パスポートや免許証の写真が人に見せられない、という人も少なくないかもしれません。



そんな人のために『1週間で知的で品があって親しみやすい美人に見せる方法』の著者でフリーアナウンサー、話し方講師でもある田中未花さんに「美しく写真に撮られるコツ」を教えてもらいました。



「アナウンサーは、モデルでも女優でもありません。大学を出て放送局という会社に就職した普通の女性です。そんなごく一般の女性がある日突然、全身をテレビに映し出されるんです。初めてテレビに映った自分を見たときの衝撃は忘れられません」。田中さん曰く、ほとんどのアナウンサーが「私ってこんなにひどかったっけ!?」と愕然とするそうです。

そんな女性アナウンサーたちは、試行錯誤しながら姿勢や会話、マナーなどを編み出し、「初対面で老若男女に好かれる方法」を習得していくそうです。



では、さっそく好感度がアップする「美しく写真に撮られるコツ」を教えてもらいましょう。



【写真に美しく写るワザ(1) 決め角度を見つける】

? 目の前に鏡を置く

? 正面から10秒自分の顔を見つめる

? 10度右を向いて10秒自分の顔を見つめる

? 10度左を向いて10秒自分の顔を見つめる



人の印象は、左右の顔でかなり異なります。???のうち、自分が気に入った角度を「写真の顔」に決めましょう。



【写真に美しく写るワザ(2) 笑顔は口元でつくる】

? 【写真に美しく写るワザ1】で決めた角度になる

? 口角をしっかり上げて普段と同じように思い切りの笑顔をつくる

(歯は自然にのぞかせる)

? 上まぶたをグイッと持ち上げて、目を少し見開く

(あまり目を見開きすぎるとホラーになってしまうので、要注意!)



「口角をしっかり上げていることで、全体の印象としては笑顔を保った状態のまま、目もパッチリ! キレイに写りますよ」(田中さん)。



笑うと、誰でも目が少し細くなります。思い切りの笑顔はとても素敵ですが、写真では少しぽっちゃりして見えてしまう危険性が......。写真には「写真用の笑顔」があることを覚えておきましょう。まずは、携帯電話などの自分撮りで練習するのがおすすめ。

写真は、履歴書や社員証、SNSのプロフィールまで、あなたの第一印象を左右する大きな要因になります。最高の笑顔で、素敵な出会いを呼び込みましょう!



(文・編集部)



プロフィール

田中未花(たなか・みか)

フェリス女学院大学卒業後、SBS 静岡放送アナウンサー、NHK さいたま放送局キャスター・リポーターを経て、ジョンロバートパワーズスクールでマナー全般を習得。日経 CNBC にて経済キャスターを務めた後、アナウンサーとして培った「好感を持たれる話し方」を伝え、内面から輝く心豊かな話し手を育てること、立ち振る舞いの技術を交えた独自の「イメージコンサルティング」を普及させることを目的に独立。フリーアナウンサーとしての活動のかたわら、魅力的な話し方やマナーについての講習等を行っている。

著書『1週間で知的で品があって親しみやすい美人に見せる方法』

http://www.d21.co.jp/products/isbn9784799314029

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]