TVで話題の「シェアハウス」。住むメリット、デメリットは?

2013/03/13

付き合い・人間関係

TVドラマのように都心で便利な生活を手に入れようと思っても、社会人一年生には何かと負担が大きいですよね。たとえば、引っ越しに伴う転居費用や手続き、そして家電も含めた生活用品の一揃えなど。また、都心の独り暮らしは、防犯面や災害時には何かと不安なのも事実です。

だけど、フレッシャーズだし、気分も一新、やはり都心で賢く暮らしたい......そんなあなたにオススメなのが、今TVでも話題の「シェアハウス」という住まい方です。

■海外ではお馴染みのスタイル「シェアハウス」とは?

海外に留学経験や滞在経験のある人は、一度は耳にしたことのある「シェアハウス」。ひとつの家または複数部屋のあるマンションを、複数の人たちと共有で住むスタイルの住まい方のことをいいます。

一般的に、各個人の部屋にはベッドや机など必要最低限の家具が付いているものが多く、TVやエアコン、冷蔵庫などの家電製品も揃っているので、身軽に転居ができます。

■「メリット」と「デメリット」は?

とはいえ、他人と暮らすとなると、いろいろ問題もありそうですが、「シェアハウス」を経験した先輩社会人の話によると......。

<メリット>

1、「礼金」などがかからず、「初期費用」が安く済む場合も多い。
2、「保証人」不要が多数。
3、ひとりじゃないので、親が安心する
4、家に誰かいることの方が多いので、帰宅しても寂しくない
5、生活にメリハリがある。
6、年齢が近かったので、住人に悩みとか相談できて楽しかった。
7、会社とは全く違う世界の人たちと友だちになれた。

もちろん、"いいこと"もあれば都合の悪いこともあるわけで......。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]