「ベランダにハトの巣」「幽霊と同居」引っ越してから「失敗したなぁ......」と後悔したこと

2015/02/14

社会人ライフ


■いろんな意味でコワい!
・乾燥機付きの家を選べばよかった。天候や時間を気にせずに洗濯できるし、ベランダが向かい合っている家のおじさんがよく洗濯物を眺めているので恐ろしい(女性/28歳/医薬品・化粧品)

それは恐ろしい......(笑)。

・アパートの隣が運送屋で、借りたアパートが3階だったため、となりにトラックが入ってくる度にアパートが地震のようにゆれて怖かった(女性/49歳/その他)

かなり古い木造アパートなのでしょうか? 本物の地震のときが心配です。

・近所の人に聞いたら事故物件(過去に死人が出た部屋)と言われて、気持ち悪くなってすぐに引っ越しました。1カ月分の賃料と礼金はしっかり取られてしまいました......(男性/41歳/電機)

事故から1年経つと報告義務がなくなるそうですから、怪しいと思ったら確認した方がいいですよね。

・誰も住んでいないと思ったら、既に住んでいた住人(幽霊)がいたこと。致し方ないので2年間、我慢して一緒に暮らした(男性/34歳/情報・IT)

一緒に住める程度の幽霊なら、なかなか貴重な体験になってよかったのかも?

■日当たりが悪い!
・値段につられて日当たりを軽視していたら、部屋の中がかび臭くなって、ぜんそくの症状が出た。(男性/42歳/自動車関連)

体を壊しては元も子もないです!

・方角にあまりこだわらずに北向きの部屋を選んだら、日中でも全く日が当たらず洗濯物が全然乾かない(女性/40歳/医療・福祉)

やはり多少の日当たりはないと、かなり不便そうです。

■その他
・引っ越し後に再開発地域になり、工事がものすごくてぜんそく気味になった(女性/33歳/その他)

引っ越し後にそんなことになるなんて......運が悪かったとかいいようがありません。

・駅は遠いけど、広くて日当たりがいい部屋を選んだら、通勤が大変だった。毎日のことなので心から後悔した(女性/30歳/機械・精密機器)

引っ越す前は、駅から遠いのがそんなに気にならないものなんですよね。

・4階で階段しかなかった家でも、昇り降りはたいした手間ではないと思っていたが、雨の日や雪の日はつらくなった(男性/46歳/商社・卸)

住む前は4階なんて楽勝! と思っちゃうんですよね(笑)。

・安さ重視で引越し業者を選んだら、家具は壊されるわ家電の部品は紛失されるわで散々な目にあった(女性/31歳/小売店)

その後ちゃんと弁償してもらえたんでしょうか。

・いらないものを捨てずに持ってきたせいでかなり引っ越し後の片づけに時間がかかってしまった(女性/33歳/学校・教育関連)

つい、「引っ越してからゆっくりやろう」と思って持ってきちゃうんですよね。

引っ越す前にわかっていても「大丈夫だろう」と思っていたことが日々の生活でだんだん煩わしくなってきたり、住んでみないとわからなかったことに悩まされたり......。なかなかパーフェクトな物件に住むのはハードルが高いことのようです。今まさに部屋探しの真最中という人は、とにかく騒音や日当り等のチェックをしつつ、「もしこの部屋に住んだら」という想像力を働かせて、いい部屋を選んでくださいね!

(文/オチアイユキ)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る