失敗した人ってどうなった!? 大学デビュー失敗後のキャンパスライフ体験談4選

学生の窓口編集部
2016/12/13
学生トレンド
あとで読む

念願の大学入学のとき。地方から都心の大学に通い始めたり、他県の大学に行ったりすることも多く、新しい土地で新しい人間関係を築いていきたいと期待を持って入学してくる人も多いはず。しかし、実際にはダサい私服や、地味キャラに認定されてしまって、大学デビューに失敗し、そのまま浮上できずに卒業……なんてことも。そこで今回は、大学デビューに失敗してしまった大学生に、その後のキャンパスライフについて聞いてみました。

▼こちらの記事もチェック!
自分大好き人間?! ナルシスト度診断

●入学後に友達ゼロ

・友達が一人もできなかった。デビューが少し遅かったから、もうその頃にはグループができていて入れなかった。全然楽しくなかった。女子大だから余計つらい部分があった。共学だと少しは友達がいたかもしれないと思う(女性/22歳/大学4年生)

女子同士だとグループを作って、そこで一緒に授業を取ったり遊んだりすることが多いですよね。大学デビューでその輪に入れないと、その後もあとを引いてしまうようです。

●デビュー失敗から学んで

・テンションが高すぎたことと、私服のセンスがダサすぎたことが失敗してしまったと思う原因だったので、おとなしくしようと心がけ、服もシンプルにしようと実行した。友人関係は特に問題なかったけど、シンプルになろうと心がけてからはテンション高い人たちを冷めた目で見るようになった(女性/21歳/大学4年生)

デビュー失敗の原因を自分なりに分析して、改善していったことで友達との関係も問題なく過ごせていたようですね。

次のページほかにもこんな意見が……

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催