Vol.6 「元カノに今 幸せか聞いてみたい」失恋から学ばない男子の自己満反省会【週末アドレセンスー恋の忘れ方ー】

2020/08/27

社会人ライフ

例え二十何年生きてきた人生経験豊富な大人でも、苦い恋愛経験はいつまでも尾を引くもの。「まじでつらい……」「あの時、ああしていれば…」自分では消化しきれないどうしようもない思いを抱えていませんか?

確かに失恋というものは、辛くて苦いショックな経験ですよね。でも、もう恋なんてしないなんて言わせないよ絶対。

ここは、傷ついたあなたを少し前向きにしてくれる失恋クリニックあなたが再びアドレセンスな週末を過ごせるように、酸いも甘いも、色々な恋愛を経験してきた諦子(あきこ)せんせいが、悩みを分析し、恋の忘れ方を処方します。

連載バックナンバーはこちら

諦子(あきこ)せんせい

失恋クリニック/恋愛処方箋技師
失恋患者さんたちは諦子せんせいの核心をついた回答に妙に納得してしまう。

★失恋お悩み
25歳くらいのころ、大学からの友人の紹介から、22歳の女性と付き合うことに。2か月くらい付き合っていい感じかと思いきや、元カレと元サヤに戻るということで振られた。 別れ際のやり取りで、「2か月しか一緒にいなかったけど、だいぶ長い時間一緒にいたような気分」と言われたことが印象に残っている言葉だ。

上手くいかなかったのは、たぶん元サヤ彼氏と同じ土俵に上がったからだと思う。元サヤ彼氏は中学からの付き合いらしく、気心が知れてるし交友関係もそのあたりで回っている。かつ物理的な距離も近い。 こちらは、会うのに片道1時間くらいかかってたし、長い関係値と周辺の人間関係的な部分で、居心地の良さという点で勝てなくなったのでは?あと、相手は実際よくケンカして別れてまたくっついてみたいなパターンだったので、単純に他(僕)に目が行った時期なだけかと。 あと、元サヤ彼氏が、大学院生でかつ、まだ彼女が元カレグループの遊びにもよく参加しているとの話を聞いたときに、「よくいる就活やらずに楽な道をとったクズな大学院生だ」と、マウンティングを取るような発言をしてしまったのも振られた理由なのではないかという気がする。

あとから聞いた話だと、彼女は元カレと別れたにも関わらずきちんと縁を切らず、僕と元カレとどっちが居心地がいいかでずっと天秤かけてた模様。 交際期間2か月とはいえ、こちらとしては楽しい時間で嫌な思いとかは特になかったので、そっちに戻って幸せになってたらいいなぁと思う。とはいえ、クズな大学院生とケンカしつつ別れてくっついてを繰り返してるとようだと、感情の起伏が激しそうな気がするので、会うことがあったら幸せかどうか聞いてみたい。
(男性/27歳/会社員・医療系)


このコーナーでは、前回も男性からのお悩みにお答えしました。その時の男性も、今回の男性も、文章がタメ口ですね、お答えするこちらは敬語になりますから、そちらだけ、一方的にこちらに向かってタメ口なわけです。男子、そういうとこやぞ。

と、お悩みと関係ない話から始めてしてしまいましたが、お答えしていこうと思います、敬語で。

「無意識の偏見」で恋が逃げていく


あなたはこの失恋で、とくに未練もなく、どうしても分析出来ない謎に悩まされてもいないようですね。にも関わらず、こちらの失恋お悩み相談に応募したのは何故なのか……。「そうそう!その通りだね」という同感をこちらに求めているということなのでしょうか。

あなた自身が分析している通り、(「よくいる就活やらずに楽な道をとったクズな大学院生だ」と、マウンティングを取るような発言をしてしまった」)のは本当によくありませんでしたね。あなたが振られた原因の一つに大きく関係があったように思いますし、この発言は「マウンティング」というよりも「偏見」です。

元カレを非難するのは、彼女の過去を否定するのと同じこと


そしてお別れになった今も、あなたは元彼さんを「クズな大学院生」とこちらの文章で書いていらっしゃる。

あれ?あんな失礼な発言をしたことを、反省する気持ちはないのでしょうか?正しいことを指摘してしまったという感じの気持ちなのでしょうか?失礼ですし、偏見です。反省してください。

いくら自分の恋人の元彼という、そもそも良い印象が無い相手だとしても、そんなに偏見と皮肉たっぷりな言い方をされてしまっては、女の子側は辛いです。「彼の何を知ってるのよ!」です。

相手側をディスるのは止めて、今後の恋では「たった2ヶ月で長年付き合っていた男を忘れさせることの出来る最高の男」にはどうすればなれるのか、についてご自分を分析してみては如何でしょうか。

Vol.6 「元カノに今 幸せか聞いてみたい」失恋から学ばない男子の自己満反省会【週末アドレセンスー恋の忘れ方ー】

失恋体験談大募集

松本千秋(文・漫画)

映像制作→映像編集→専業主婦→銀座ホステス→イラスト業→漫画家。東京都出身。
少年画報社ヤングキング「トーキョーカモフラージュアワー」連載中。
cakes「38歳バツイチ独身女がティンダーをやってみた結果日記」連載中。
note:https://note.com/hibaransu
Twitter:@imakarahima

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]