毎日仕事が忙しすぎて余裕がない……どうすればいい?【BSディムのお悩み相談室】

2018/08/23

付き合い・人間関係

新社会人からリアルな悩みを募集し、独自の視点からアドバイスをもらうこの「新社会人のお悩み相談室」。今回は、「毎日仕事が忙しくて余裕がない」というお悩みに、営業係長として活躍する傍ら、TwitterやWebサイトでは「しんどいオカマ」としてさまざまな悩みに答えるBSディムさんが回答します。

毎日仕事が忙しすぎて余裕がない

どうも、みなさんごきげんよう。

昼間はマジメに営業係長として働くも、夜は勝手気ままに腰を振りながらネオン街をねり歩くアラサーのオカマです。

このコーナーでは、現代社会の荒波の中で、不本意ながら酸いも甘いも噛み分けてきた「中堅社会人オカマ」が新社会人のみなさんのお悩みをお聞きしているの。

でも、いいこと? オカマに相談したからって、何でもズバリ解決できると思っちゃダメよ。
最後に道を切りひらくのは……あなた。

それではさっそく、お悩みを見ていきましょう。

毎日仕事が忙しすぎて余裕がない
ただただ毎日が忙しい。疲れ果ててリラックスできず、あっという間に時間が過ぎ去っているように思う。もう少し余裕がほしいが上手くいかない。
(女性/30歳/ホテル・旅行・アミューズメント)



どうすれば心身ともにリラックスできるのかしら?


「いやあっ! 死ぬ! 死んじゃうう!!」
最繁忙期になると、そう心の中でむせび泣きながら、夜遅くまで仕事をすることがアタシにもあるわ。

「なぜこんなにも苦しい思いをして働いているんだろう?」という素朴な疑問は忙しさの中に消え去って、ただひたすら目の前の仕事をこなしていくの。
夜中のオフィスに響く乾いたキーボードの音は、責任感という名の透明な魔物がニタリと笑って、むき出しにした歯をカチカチと鳴らしているかのよう。

家に帰ればクタクタで、もはや放心状態よ。とりあえず食事を口に放り込んで、シャワーを浴びたらもう寝る時間。
まさに「忙殺」という言葉がカミソリ一枚入らないほどぴったりくる状況で、身も心も一切の余裕がなくなっちゃうのよね。

では、そんな状況でどうやって体を休めればいいのかしら。

アタシの場合、忙しい平日に息抜きやストレスを発散することは、完全に諦めているわ
家に帰れば即座に寝て、体力を温存して明日に備えるの。まるで戦前夜のもののふのように。

その代わり、休日は思い切り好きなことをして楽しむわ。
午前中はベッドから動かずひたすらゴロゴロして、午後は日が沈まないうちからオカマ仲間と酒をかっ喰らうらの。
溜まりきったストレスと鬱憤を、休日にまとめて発散させるのね。

それは、もはやアタシの行動原理となっているわ。休日があるから、平日に頑張れる
窮余の策ではあるけれど、「平日の余裕は、あえて潔く捨ててしまう」という選択肢もある、ということは覚えておいていただきたいわね。

仕事が忙しい原因を究明しましょう


仕事が忙しくなって、手も頭も回らなくなる要因ってさまざまよね。

たとえば、自分の能力不足。他人が10分でできる仕事を30分かけていれば、たったひと月でその差は膨大なものになるわ。
逆にいえば、他人が30分かかる仕事を10分でできれば、そのぶん余裕も生まれるということ。
もちろん、その余裕のぶん別の仕事を上司からぶち込まれる可能性もあるけど、上手く立ち回れば忙殺されることもなくなるわ。

それと、完璧主義が自分を苦しめていることもあるわよね。
優先順位の低い仕事にも完璧を求めて、優先順位の高い仕事に手が回らなくなる。
そういった場合、スケジューリングに無駄はないか、作業のボトルネックとなっている部分はどこか……急がば回れというけれど、まずは効率化を最優先にすべきだわ。

ただ、忙しい原因は、単純に会社自体や上司が原因のときもあるから注意してほしいわね。

人間、誰にでも限界はあるの。
たとえば内股でオカマ走りのアタシが100mを9秒台で走るだなんて、たとえ特盛のドーピングをしたって無理。背中にジェットエンジンを積んだって絶対に無理。

そう、無理なものは無理なのよ。
自分の裁量を大きく上回る業務を課せられているのなら、それは会社や上司の責任でもあるわ。であれば、直属の上司や、そのさらに上まで相談してみるのも手ね。

そうすることで、忙しさの意外な原因が見えてくるかもしれないわ。

まとめ


働くときは働く、休むときは休む。
そういったメリハリのある生活をすることで、余裕が生まれることは確かよ。もちろん平日にも余裕を作れることが一番なのだけど、それは自分の努力によって状況を改善していくしかないわね。

忙しさにかまけて何も行動しなければ、いつまでたっても状況は変わらないわ。
心身ともに健全でいるために、どうか力を振り絞ってみてちょうだい

文・西のオカマ BSディム
中学2年生で周囲にカミングアウトし、以後、オカマとしての人生を送る。
係長として部下を抱える傍ら、稼いだ金の大半を酒につぎ込み毎月カツカツになっているちょっぴりダメなオカマである。
Twitterではオカマ仲間への愚痴とイケメンへの情念をツイートしていたら、いつのまにかフォロワー数が約8万人に。オカマならではの目線で、エッセイ・コラムの執筆を中心に活動中。
Twitter:@bs_dim
書籍:er-しんどいオカマのお悩み相談
だって・・・・・・、あなたもブスでしょう?

お悩み相談室バックナンバー

相談はこちらから

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]