部屋探しをする最適な時期は? 新社会人は要チェック!

2017/12/23

入社準備

■引っ越しの費用を抑えたいのなら3月を外そう!

1月や2月は物件探しに適切な時期ですが、そうなると3月の引っ越しになるでしょう。ですが、3月は1年で最も引っ越しをする人が多い時期のため、引っ越し料金が非常に高くなります。通常期の倍近い金額になることもあり、荷物の量や距離にもよりますが、単身の引っ越しでも10万円を超えるケースも見られます。時間に余裕があるのならば、3月に引っ越しをするのを避けるスケジュールで部屋探しすることも考慮すべきです。

また、4月もまだ引っ越し業者の繁忙期に当たるため、通常よりも料金が高くなる傾向にあります。7月も子供の夏休み開始時に早めに引っ越しをするファミリーが多いため繁忙期です。9月や10月も転勤時期のため引っ越し業者が忙しい時期。12月も7月と同様に長期休みに合わせて引っ越しする人が多いため、割高になります。引っ越し専門でなく宅配も行っている業者は、お中元やお歳暮シーズンを迎える6月や7月、12月を繁忙期とする場合もあります。

上記を考慮すると、引っ越し料金が比較的安い時期として1月、2月、5月、6月(一部業者を除く)、8月、11月が挙げられます。このいずれかの時期に引っ越しをする流れで部屋探しをするのもいいでしょう。特に5月・6月は、3月末まで続く物件探しのハイシーズンが終わり、物件数はそこまで多くないものの、落ち着いて部屋探しができるのでおすすめです。同様の理由で、10月も引っ越し費用を抑えつつ、落ち着いて部屋探しができる時期といえます。

■まとめ

部屋探しに最適な時期について解説しましたが、今回ご紹介した内容をまとめると、

●社会人生活が始まる4月までに入居したいなら1月・2月
●時間の余裕があり、引っ越し費用を抑えたいなら5月・6月・10月

となります。遠方の企業に就職するといったケースでは、3月のピークに差し掛かるまでの1月・2月に探すべきでしょう。もし実家暮らしなら、無理をせずにオフシーズンまで待つのも得策です。自分の置かれた状況に合わせて選ぶ時期を見極めましょう。

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る