ビジネスメールの結び・締めのフレーズまとめ【例文つき】

2022/08/30

電話・メール


メールはビジネスシーンでは有力なツールです。

都合のいいときに見て返事をしてもらえるため、電話をかけるよりも先方の都合を考えた連絡の取り方とも言えます。

ビジネスメールでは正しい日本語を使う必要があり、新社会人にとっては一番最初に覚えなければいけないビジネスマナーとも言えるでしょう。

今回この記事では、ビジネスメールで使える「結び・締め」のフレーズを、ビジネスメールの種類にわけて紹介しています。

▼こちらもチェック! これでばっちり! ビジネスメールの基本の書き方まとめ【例文つき】

ビジネスメールの結びはとても重要!

メールの文章を終わる際、どのように締めるかが非常に大切になります。

「終わりよければ全てよし」といいますが、締めのフレーズの良し悪しでメール全体が台無しになってしまう場合もあります。

相手に失礼のないように、またメールの内容によって結び・締めのフレーズを変えるように心掛けてください。

ちなみに、手紙でよく見る「拝啓・敬具」は必要ありません。

拝啓・敬具の代わりに、「お世話になっております」などの挨拶文や「よろしくお願いいたします」などの締めの言葉が使われているのが一般的です。

▼こちらもチェック! ビジネスメールに「拝啓・敬具」は必要? 不要?

ビジネスメールでの「書き出し」はどうする?

まず最初に、ビジネスメールの最初のフレーズについて説明しましょう。

なにごとも、書き出しは大切です。

ビジネスメールでよく使われる書き出しのフレーズは以下の種類があります。

  • ・いつも大変お世話になっております。
  • ・平素よりお世話になっております。

メールを送るたびに、これらの書き出しを書くのがルールです。

また、 「お世話になっております。〇〇会社の△△です。」と名乗ることも、毎回忘れないようにしましょう。

一方、社内にメールを送る場合は「お疲れ様です。」と書き出すのが一般的です。

使い分けができるように、しっかりと覚えてください。

一般的なビジネスメールでの「結び・締め」のフレーズ

ビジネスメールで一般的に使われる「結び・締めのフレーズ」は、以下の2つが最も一般的と言われています。

  • ・よろしくお願いいたします。
  • ・何とぞよろしくお願いいたします。

「よろしくお願いします」でも間違いではありませんが、 ビジネスシーンでは丁寧に「よろしくお願いいたします」とするのが無難です。

また、ほかにも定番で使われているフレーズが以下のとおりいくつかあります。

  • ・今後ともお引き立てのほどをよろしくお願いいたします。
  • ・今後ともご愛顧のほどお願い申し上げます。
  • ・引き続きよろしくお願いいたします。

「引き続き」「今後とも」が「ビジネスが継続する」という安心感を相手に与えるため、得意先となっている外注先とのやりとりなどにはおすすめです。

ビジネスメールの種類ごとによる「結び・締め」のフレーズ

ビジネスメールの種類によって「結び・締め」のフレーズは異なります。

ここからは以下の種類ごとに分けて、説明しましょう。

  • ・返信を求める際の「結び・締め」のフレーズ
  • ・おわびのビジネスメールで使える「結び・締め」のフレーズ
  • ・感謝やお礼を伝える「結び・締め」のフレーズ
  • ・健康を気遣う「結び・締め」のフレーズ
  • ・季節感のある「結び・締め」のフレーズ
  • ・申し訳なさを伝える「結び・締め」のフレーズ
  • ・取り急ぎを伝える「結び・締め」のフレーズ

返信を求める際の「結び・締め」のフレーズ

返信を求めているビジネスメールを送るときは、以下の「結び・締め」のフレーズを使いましょう。

  • ・ご返信の段、何とぞよろしくお願いいたします。
  • ・お手数ですが、ご返信をいただければ幸いです。
  • ・誠に恐縮ですが、ご返信をお願いいたします。
  • ・ご回答をお待ちしております。何とぞよろしくお願いいたします。
  • ・ご教示願えれば幸いです。何とぞよろしくお願いいたします。

返信を求める言い回しはさまざまですが、 求めた後は「よろしくお願いいたします」や「何とぞよろしくお願いいたします」を付けましょう

より丁寧な印象を与えることができます。

また「ご検討をお願いいたします」といった表現もありますが、検討の結果を返信してほしい場合には、「ご検討いただき、ご返信を賜れますようお願いいたします。」と表現しておくのがおすすめです。

待っているのに検討した結果が来ないことにならないよう、前もってこちら側から催促しておくのがビジネスマナーです。

おわびのメールで使える「結び・締め」のフレーズ

おわびのメールを使うときは、以下の「結び・締め」のフレーズを使いましょう。

  • ・このたびは多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ありませんでした。
  • ・ご迷惑をお掛けし本当に申し訳ございませんでした。
  • ・ご迷惑をお掛けしましたことを深くおわび申し上げます。

ミスの種類もさまざまですが、 「申し訳ありませんでした」や「深くおわび申し上げます」と謝罪の言葉で結ぶのが重要です。

また、おわびの表現には以下のような言葉も使われます。

  • ・謝罪いたします。
  • ・陳謝いたします。
  • ・幾重にもおわび申し上げます。

ミスの大小に応じて使用するのが良いでしょう。

感謝やお礼を伝える「結び・締め」のフレーズ

感謝やお礼を伝えるときは、以下のフレーズを使うと良いでしょう。

  • ・心より感謝申し上げます。
  • ・ご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
  • ・本当にありがとうございます。
  • ・深謝いたしております。
  • ・厚く御礼を申し上げます。
  • ・重ねて御礼を申し上げます。

取り急ぎメールでお礼を伝える場合には、「まずはお礼まで。」といったフレーズもよく使われます。

ただし、このフレーズを使った場合には 本格的なお礼のメールを後で送付する、または実際に会って感謝の意を伝えることを忘れないようにしましょう。

急いでお礼を伝えることは大切ですが、このメールのみの感謝は失礼にあたります。

健康を気遣う「結び・締め」のフレーズ

健康や体調を気遣う「結び・締め」のフレーズもあります。

取引先の方が体調を崩し休みに入る場合や、年末年始のご挨拶メールを送るときなどに使うと、丁寧な印象を与えることができるでしょう。

具体的には、以下のとおりです。

  • ・ご自愛くださいませ。
  • ・寒い日が続きますが、ご体調崩されませんようお過ごしください。

必ず使わないといけないわけではありませんが、好印象を与えるためにも覚えておいて損はない言葉です。

季節感のある「結び・締め」のフレーズ

ビジネスメールを送る際、「結び・締め」のフレーズは内容にあった言葉を選ぶことが一般的です。

しかし、いつも同じ言葉を選んでいると味気ないビジネスメールとなってしまいます。

たとえば、夏に入ったり冬に近づいているときなど、特に大きな問題もなく仕事が続いているのであれば、 以下のような季節感のある「結び・締め」のフレーズを使うと、相手にも印象を与えることができます。

  • ・季節の変わり目の折、ご自愛のほどお祈りいたします。
  • ・いよいよ暑くなりますので、一層のご健勝をお祈り申し上げます。
  • ・時節柄、くれぐれも風邪にはご用心ください。

ほんの少し言葉を変えるだけで、いつものビジネスメールとは異なるメールを送ることができます。

こういった言葉を覚えているだけで堅いメールが和らぐこともあるため、覚えておきましょう。

申し訳なさを伝える「結び・締め」のフレーズ

おわびするのではなく、申し訳なさを伝えるビジネスメールの例です。

この場合は、「無理なお願いをしているとき」などに使うことが多いため、覚えておきましょう。

具体的には、以下のとおりとなります。

  • ・大変お手数ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。
  • ・ご無理ばかり申して恐縮ですが、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

下からお願いをする態度を崩すことなく、こういったフレーズを使うようにしてください。

取り急ぎを伝える「結び・締め」のフレーズ

すぐに連絡をしなければいけないときや、報告だけ先にしてしまいたい時には、以下のフレーズをつかいます。

  • ・取り急ぎ、確認のご連絡まで。
  • ・取り急ぎ、メール拝受のご連絡まで。

とりあえず急いで送ったという意味になるので、相手によっては失礼な印象を与える可能性もあります。

目上の方に送るときは「一旦ご報告させていただきます。」など、言い換えることも大切です。

また、「取り急ぎ」と送った場合は、 後ほど丁寧なメールを送るか電話をするか、どちらかの対応をとることも忘れないようにしてください。

英語のビジネスメールの「結び・締め」のフレーズ

英語のビジネスメールを送るときは、以下のような表現を使い、メールの「結び・締め」としてください。

  • ・Sincerely, 真心こめて
  • ・Regards, 敬意をこめて
  • ・Many thanks, ありがとうございます。

これらはすべて、 「,」の後に自分の名前を続けて記述するのが一般的です。

手紙でいう「敬具」と同じ意味を持っているので、忘れないようにしましょう。

また、チャットを使うときは名前を省略しても構いません。

ビジネスメールに「以上」は使っても良い?

ビジネスメールでよく見かける「以上、よろしくお願いいたします。」などの表現は、日本語的には正しい表現です。

ビジネスメールで使っても問題はありません。

しかし「以上。」のみで終わらせるのは、失礼にあたります。

「以上の文章を確認してください。」という意味で使っているため、必ず「よろしくお願いいたします。」や「ご確認をお願いいたします。」と丁寧な言葉をつけるようにしましょう。

まとめ

堅苦しく思うかもしれませんが、 ビジネスシーンではどれほど親しくなっても「礼儀」を忘れてはいけません

なれなれしい表現は特にNGです。

ビジネスメールの内容ごとに最適な「結び・締め」のフレーズを使い、ビジネスが円滑に進むよう心掛けましょう。

ビジネス経済雑誌で幅広い知識を取得!【初回31日間0円!】200誌以上の雑誌が読み放題!

(高橋モータース@dcp)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]